フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« アメフト騒動の素朴な疑問2 | トップページ | モリカケ問題2つの目的 »

2018年5月25日 (金)

日本は法治国家では無い


『(前略)加戸氏は「民主党獣医師議員連盟ができ、
玉木先生とか福山先生とか、
めぼしいところに100万円ずつ政治献金が行ったら、
とたんにブレーキがかかった」と振り返り、
「今でも国会で追及の先頭に立たれている。
100万円の政治献金であんなに義理堅く働かれる先生ってのは
自民党にはいませんねぇ」と語った。』
(産経ニュース 2018.5.23 20:30)
https://www.sankei.com/politics/news/180523/plt1805230044-n1.html

加戸守之元愛媛県知事の話によれば、、
加計学園問題は元民主党の玉木や福山の贈収賄事件ではないか。

その彼らが、犯罪の疑いが全く無く、
単に加計学園理事長と友人関係にあったというだけで、
一年以上にわたり安倍総理を追及している。

犯罪の疑われる人間が
犯罪の疑いが全く無い一国の総理を追及しているのに、
そのことについてメディアはほとんど取り上げず、
検察は全く動こうとしない。

一部のメディアで、玉木や福山の献金問題、
獣医師会に有利な4条件をつくり、
献金を受け取っていた石破茂など、
犯罪性が疑われる問題が何度も指摘されていたのに、
日本の検察はどうなっているのだろう?

日本は法治国家では断じて無く、
一部の特権的な人間が勝手に人を裁いてしまう、
不思議な国家であるということを
我々は理解する必要がある。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« アメフト騒動の素朴な疑問2 | トップページ | モリカケ問題2つの目的 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

特定の反日勢力は、「憲法は政府の暴走を監視して抑制するもの」と、偏った理屈を強調します。間違った解釈ですが、自分たちが恣意的に利用したい心情を反映していると思います。

彼らの奇妙なメンタリティですが、自分の歪んだ企みを自分たちの敵に投影します。自分たちは無法をするが、その同じ無法を相手になすりつけようとするんですね。

逆に考えれば、彼らが安倍政権を批判するときは、その手法を彼ら自身がコソコソとやっているんですね。

コメントありがとうございます。半島や大陸と同じですね。日本や日本人へのヘイトは許されるが、半島やチャイナへの暴言は許されざるヘイトとなる。日本人は嫌いなものを嫌いとさえ言ってはいけないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66758225

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は法治国家では無い:

» ゴミメディアの最悪な印象操作に騙されるな・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆マスコミと特定野党のやっていること は、我が国を貶めようとしているだけだ。 相も変わらず「モリカケ」の追及ばかりで、 日本が直面している危機から目を背け ている。昨日は森友学園前理事長の籠 池康典が保釈されたが、被告人を英雄 扱いしているのには唖然としてしまった。 詐欺罪の容疑を認めたから出されたの に、籠池被告は「国策拘留」とか口走っ て言いたい放題である。。。(# ゚Д゚)!!! https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/cb55c...... [続きを読む]

« アメフト騒動の素朴な疑問2 | トップページ | モリカケ問題2つの目的 »