フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 差別・人権侵害の進化 | トップページ | 和歌山で仏像等約100点盗難 »

2018年5月31日 (木)

日本人がメイドとして働く時代

日本がいかに経済成長せず、貧困化しているかということを、
三橋貴明さんが「Front Japan 桜」という番組で
説明しておられた。
(この回は河添恵子さんのお話と合わせては必見です)
https://www.youtube.com/watch?v=Cq0JgaSnUS0

2016年度の主要国のGDPが、
1996年度(20年前)に比べてどのくらい増えているか
という比較で主な国を取り上げると次の通り。
チャイナ  13.0倍
インド    5.7倍
韓国    2.4倍
アメリカ   2.3倍
イギリス  1.9倍
フランス   1.5倍
ドイツ    1.4倍
日本     1.0倍
(出典IMF)    

チャイナやインドは元々GDPが低かったから
という理由づけは可能だろうが、
アメリカやイギリスでも約2倍に増えている。

日本は、三橋氏が劣等生と呼ぶ
ドイツやフランスよりもさらに悪くて
なんと1.0倍。

この20年間、まったく経済成長して
こなかったのである。

もし日本が1996年までと同じくらい公共投資を増やしていれば、
現在の日本のGDPは1366兆円に達していたという。

現実には約500兆円だから、普通にやっていれば
日本は約2.6倍の経済成長をしていたわけだ。

何も突飛な数字ではなく、
アメリカの2.3倍を多少上回る程度だ。

にもかかわらず現実の日本は、
公共投資の削減や消費税増税など、
日本の経済成長を阻害する
誤った経済政策を採り続けた。

そして、外国人が気軽に行けるほど物価が安く、
それでも若者は車も買えず、
結婚もためらうほどの貧困国家「日本」が
誕生したのである。

安倍総理は、この誤った経済政策を
今も踏襲している。

このまま行けば、いつしか日本は移民大国ではなく、
先進国でメイドや工場で働く単純労働者を送り出す側の
移民輸出大国になってしまうかも知れない。

そんな笑えない現実が、私たちの子供や孫の世代に
やってこないとも限らないのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 差別・人権侵害の進化 | トップページ | 和歌山で仏像等約100点盗難 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「日本は日本人だけのものではない。」
自分は大金もちで路頭に迷う心配のない、リベラル人道主義を気取ったルーピーが吐いた妄言です。

これは、あいつが自分の頭でひねり出したセリフではなく、それまでに日本社会にそんな空気が醸成されていたのです。それに阿ったポピュリズムの決めセリフでした。

そのあげくの売国民主党の狂ったサヨク思想と外国人優遇の具体策につながったのだと思います。あの政権の閣僚に、元過激学生活動家や元外国人が多く任命されていたことは、思い出しても寒気がします。

それを安倍政権で一気に覆すのは困難で、日本国民は真剣に国柄と社会の在り方を現実的に考えていくべきですよね。

コメントありがとうございます。日本経済を成長させる方法は簡単です。公共事業を1996年頃の増加率並みに増やし、増税を辞めるだけです。これが、なぜか、どうしてもできない。マレーシアのマハティール首相は消費税を廃止するそうですが、日本ではなぜ思い切った経済政策が採れないのでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人がメイドとして働く時代:

« 差別・人権侵害の進化 | トップページ | 和歌山で仏像等約100点盗難 »