フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 政治の男女共同参画推進法 | トップページ | 日本は法治国家か? »

2018年5月18日 (金)

逢坂誠二のバカ質問

政府は18日、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は
存在しない」との答弁書を閣議決定した。
財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ問題を巡り、
麻生太郎副総理兼財務相が「『セクハラ罪』という罪はない」と
繰り返し発言したことに批判が相次いでおり、
逢坂誠二氏(立憲民主党)が質問主意書で見解をただした。
答弁書は、セクハラの定義について、職場や職場外での
「他の者を不快にさせる性的な言動」と人事院規則が定めているとし、
「これらの行為をセクハラとして処罰する旨を規定した
刑罰法令は存在しない」とした。
一方、逢坂氏が「セクハラが強制わいせつなどの犯罪行為に
該当することがあるのでは」と問うたことに対し、
答弁書は「その場合に成立するのは強制わいせつなどの罪であり、
『セクハラ罪』ではない」とした。
(毎日新聞2018年5月18日 11時33分)
http://mainichi.jp/articles/20180518/k00/00e/010/220000c

立憲民主党という政党はバカ議員ばかりだが、
逢坂誠二も相当なものだ。

麻生「『セクハラ罪』という罪はない」
逢坂「セクハラが強制わいせつなどの犯罪行為に
該当することがあるのでは?」
麻生「その場合は強制わいせつ」

これが我が国の国会審議のレベルなのだ。

「『セクハラ罪』という罪はない」というのは
単なる事実を述べたものであって、
麻生氏がセクハラを容認しているわけでないのは明白なのに、
何とかセクハラ容認の失言に印象操作しようと
下らぬ質問を繰り返す。

その質問内容たるや、ほとんど小学生並みだ。

延々とやられている「モリカケ」の議論も
幼稚極まりなく、
立憲民主党をはじめとする反日5党は、
小学生からやり直すべきレベルだ。

「『セクハラ罪』という罪はない」というのは、
下らぬことで国会審議を空転させる野党を諫めたものであって、
この一言で反日バカ野党は黙るべきなのだ。

それなのに黙るどころか、低脳ぶりを晒す
さらなるバカ質問を繰り返す。

日本の国会を外国人に見られたら、
まさに国辱ものだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 政治の男女共同参画推進法 | トップページ | 日本は法治国家か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ほんと奴らはばかばかり。
言葉尻を捉えて本質から外れた方向に持って行く。
そうして、またしても時間とカネを無駄にする。

コメントありがとうございます。あれが我が国の国会かと思うと情けなくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66734342

この記事へのトラックバック一覧です: 逢坂誠二のバカ質問:

» マスゴミあの文字だと言う事を国民に知らせない自由の発動ニダ~・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆朝鮮半島有事や中共の侵略に備え て、昼夜を問わず国防の任にあたって いる自衛隊の諸君がいるからこそ、日 本国民は平和を享受できるのである。 三島由紀夫が『文化防衛論』で述べて いるように、アメリカの占領政策で「『菊 と刀』の永遠の連環」は絶たれてしまっ た。それでもなお自衛隊の諸君に国の ために死ぬことを強いるのは、あまりに も理不尽に思えてならない。。。(# ゚Д゚) https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/6b18934f3b4f...... [続きを読む]

« 政治の男女共同参画推進法 | トップページ | 日本は法治国家か? »