フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« おかしいのはオマエ | トップページ | さらば小池百合子 »

2018年6月 7日 (木)

地獄を生きた5歳女児


『東京都目黒区のアパートで3月、船戸結愛ちゃん(5)が
父親からの暴行後に死亡した事件で、衰弱していた結愛ちゃんに
必要な医療措置を受けさせず死亡させたとして、
警視庁捜査1課は6日、保護責任者遺棄致死容疑で、父親の雄大容疑者
(33)=傷害罪で起訴=と母親の優里容疑者(25)を逮捕した。
2人とも容疑を認めているという。
同課によると、雄大容疑者は日常的に顔を殴るなどの暴行を加えていたほか、
毎日のように結愛ちゃんを未明に起こし、
ひらがなの勉強と称して文字を書かせていた。
アパートから押収されたノートには結愛ちゃんの字で
「もっとあしたはできるようにするから。もうおねがい、ゆるして。
ゆるしてください」などと書かれていた。
結愛ちゃんは十分な食事を与えられておらず、5歳児の平均体重が
約20キロなのに対し、死亡時は約12キロしかなかった。
2人の逮捕容疑は、1月下旬ごろから、結愛ちゃんを栄養失調に
陥らせた上で暴行を加え虐待。
病院に連れて行くなどの措置を取らず、
3月2日に敗血症で死亡させた疑い。』
(JIJI.COM 2018/06/06)
https://www.youtube.com/watch?v=Y_SKxfKTH10

シングルマザーが新しいパートナーを見つけ、
その新しいパートナーから子供が
酷い虐待を受けるというニュースがあまりに多い。

親しか頼る術のない幼い子供を虐待するのは、
数ある犯罪の中でも最も罪深い行為だと思う。

この子は地獄のような短い人生を生き、
死して天国へゆくのだろう。

幼い子を持つシングルマザーが、
頼れるパートナーを求める気持ちは
男の僕にも何となく分かる。

しかしながら、その男が子供を虐待しはじめたら、
できるだけ速く離れることだ。

子供を虐待するような男は、
いずれにしてもどうしようもない男なのだから、
その虐待はエスカレートするに決まっている。

親に甘え、親の愛を一身に受けたい盛りの子供が、
やせ細り、力なく許しを請う姿は、
恐らく僕らの想像し得ない絶望的な痛みだろう。

結愛ちゃんが、
傷ついてボロボロになってしまった肉体を脱ぎ捨て、
その汚れなき美しい心で
素晴らしい来世を迎えることを
願うばかりです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« おかしいのはオマエ | トップページ | さらば小池百合子 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66805431

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄を生きた5歳女児:

« おかしいのはオマエ | トップページ | さらば小池百合子 »