フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 日本をギャンブルから守りたい | トップページ | ブロック塀に殺された少女 »

2018年6月18日 (月)

意味のない世論調査

『産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が16、17両日に行った
合同世論調査で、9月の自民党総裁選で選出される次期総裁に
ふさわしい人物を聞いたところ、小泉進次郎筆頭副幹事長が26.9%で
前月比3.6ポイント増え、トップとなった。
2位は連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)の25.6%で、
同2.8ポイント上昇した。
前月トップだった石破茂元幹事長は、同0.9ポイント減の24.1%で
3位に後退した。
全体の調査では3氏がほぼ横一線だが、自民党支持層に限ってみると、
安倍首相が49.4%と同4.6ポイント上昇し、小泉氏(21.4%、同3ポイント増)
と石破氏(13.9%、同6.4ポイント減)に大差をつけた。(後略)』
(産経ニュース 2018.6.18 20:04)
https://www.sankei.com/politics/news/180618/plt1806180032-n1.html

どうしてこういう意味のない調査を
載せるのだろう?

反日層は反安倍だから、当然石破支持になるが、
石破の評判が落ちてきたので
小泉にシフトしてきたのだろう。

国民は「総理大臣に安倍晋三ではなく、
小泉進次郎を支持している」と印象づけたいのだろうが、
総理となる自民党総裁は自民党議員と自民党党員、
つまり自民党の支持者で選ぶものなのだ。

だから、前半の8行までは何の意味もなく、
後半の3行のみが意味ある調査となる。

野党を含めて誰を総理にしたいかを尋ねると、
反日野党に極めて惨めな結果になるので
自民党内で誰がいいかを自民支持者以外を含めて聞く
という偏向調査。

反日勢力やそれに引きずられた馬鹿な日本人は
絶対に安倍総理を支持しないから、
こういうおかしな結果が出る。

マスコミの世論調査は固定電話の老人層が中心なので、
結果はさらに偏向する。

世論調査で印象操作をはかるのは
いい加減にしてもらいたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 日本をギャンブルから守りたい | トップページ | ブロック塀に殺された少女 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意味のない世論調査:

« 日本をギャンブルから守りたい | トップページ | ブロック塀に殺された少女 »