フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« リークで炎上の特捜部長栄転 | トップページ | 討論できぬ反日野党 »

2018年6月27日 (水)

受動喫煙防止条例成立

『東京都の受動喫煙防止条例が27日の都議会本会議で、
自民党を除く賛成多数で可決、成立した。
焦点の飲食店をめぐっては、従業員を雇う場合は広さに関係なく
店内を原則禁煙とするなど、今国会で審議中の健康増進法改正案より
厳しい独自基準が盛り込まれた。罰則は5万円以下の過料。
今後段階的に施行し、東京五輪・パラリンピックが開催される
2020年の4月に全面施行する。
本会議後、小池百合子知事は記者団に
「たばこを吸う人も吸わない人も快適な東京を目指す。
都条例をきっかけに『健康ファースト』の都政を進めたい」
と述べた。(後略)』
JIJI.COM (2018/06/27-16:04)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062700732&g=soc

国で審議している「健康増進法案改正案」より
喫煙者にはるかに厳しい「受動喫煙防止条例」が
都議会で可決成立した。

政府案との違いは、国が規模の大きな店(100平米以上)
を原則禁煙としているのに対して、
都は規模に関係なく、
従業員がいる店はすべて原則禁煙としている。

政府案では店舗の45%が原則禁煙になるのに対し、
都の案では84%とほとんどの店で禁煙になるようだ。

しかしながら小さな店で、
「この人は義理の兄の妹なの」とか、
「彼とは事実婚なの」とか、
いろいろ逃げ道は考えられそうだ。

こんな曖昧な基準で、
法律として通用するのだろうか?

相変わらず詐欺師の小池は
「たばこを吸う人も吸わない人も快適な東京を目指す」
といい加減なことを言っているが、
タバコを吸わない人はともかく、
タバコを吸う人のどこが快適になるのだろう?

さらに保育園、幼稚園、小・中・高校では、
屋外での喫煙場所を設けることも
認められないという。

喫煙者の「タバコを吸う権利」はどうなるのだろう?

僕はタバコを吸わないので実害はないが、
数十年前、タバコを吸っていたときに
吸わない人への配慮をまったくしなかったことへの反省から、
タバコを吸う人への配慮も必要なのではないかと感じる。

要するに「タバコを吸える店」「吸えない店」「分煙の店」
というのが店頭に表示されていればいいのではないか?

入店する前に選べればいいのだと思う。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« リークで炎上の特捜部長栄転 | トップページ | 討論できぬ反日野党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66876497

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙防止条例成立:

« リークで炎上の特捜部長栄転 | トップページ | 討論できぬ反日野党 »