フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« サドルに体液の共産市議 | トップページ | 新聞読まないと自民支持 »

2018年6月24日 (日)

留学生による審判殴打事件


『バスケットボールの全九州高校大会で留学生の男子選手が
審判員を殴打した問題で、延岡学園高(宮崎県延岡市)は23日、
8月に愛知県で開かれる全国高校総合体育大会(インターハイ)
への出場を辞退すると発表した。
指導責任があるとしてバスケ部の川添裕司監督を解任し、
職員としても停職処分とした。
学校によると、殴打したコンゴ(旧ザイール)からの留学生は21日、
同校関係者と共に審判員に謝罪。
審判員は「(選手への)処罰感情は無い」と話したという。
警察の事情聴取も終わり、早期に帰国させる方針だ。
チームは3カ月間、対外試合を自粛。
管理責任者である理事長や校長らは3カ月の減給とする。
週明けにも一連の処分内容を全国高等学校体育連盟に報告する。(後略)』
(産経ニュース 2018.6.23 18:44)
https://www.sankei.com/west/news/180623/wst1806230060-n1.html

最近起きたスポーツ関連ニュースの中では、
日大アメフトの反則タックルに匹敵する
衝撃的な暴行シーンだった。

高校スポーツで選手が審判員を殴り倒すなど
初めて見たような気がする。

コンゴからの留学生は早期帰国、監督は解任、
インターハイは出場辞退という
日大と比べると圧倒的にスピーディな対応は、
体のいい厄介払いといったところだろうか。

問題の本質は留学生による即席のスポーツ強化
というところにあるような気がする。

無名の高校がアフリカからの留学生により
駅伝の有力校になるとか、
バスケットでも長身の外国人留学生が、
インターハイなどで目立っているようだ。

外国人留学生の存在がチーム力を一変させてしまうことから、
駅伝でもバスケットでもエントリーは2名以内という規定があるようだが、
高校スポーツでなぜそこまでしなければならないのだろう。

高校教育における課外スポーツ活動として、
長身の外国人留学生に頼り切るようなチーム作りが
果たして相応しいと言えるのだろうか?

強ければいい。勝てば何でもいい。
そんな考え方による
プロスポーツにおける大失敗事例として
大相撲の喧嘩相撲化が挙げられる。

今回の延岡学園校の問題にしても、
外国人留学生に過大な期待とプレッシャーがかかったか、
ちやほやされることで常識をなくしてしまったか、
何らかの教育的な過ちがあったのではないか?

まあ実態はよく分からないが、
外国人留学生でチーム力を強化するというのは
高校スポーツにおいていかがなものか
と思うのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« サドルに体液の共産市議 | トップページ | 新聞読まないと自民支持 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66862970

この記事へのトラックバック一覧です: 留学生による審判殴打事件:

« サドルに体液の共産市議 | トップページ | 新聞読まないと自民支持 »