フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« さらば小池百合子 | トップページ | 保革伯仲のなぜ »

2018年6月 9日 (土)

吉田康一郎候補への選挙妨害


『東京・中野区長選(10日投票、11日開票)で、
保守系候補に対する“選挙妨害”が話題となっている。
ポスターへの落書きや破損だけでなく、街頭演説や討論会で、
複数の人物が怒号のようなヤジを飛ばしているという。
関係者によると、都議時代に「朝鮮学校への補助金削除」
を指摘したころから、左派集団のターゲットになっているようだ。
被害に遭っているのは、新人で元都議の吉田康一郎氏(51)。
先月末、JR中野駅前で行われた立候補予定者による
公開討論会でも、「ヘイト候補 吉田康一郎 落選」
という巨大な横断幕が掲げられた。(後略)』
(ZAKZAK 2018.6.8)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180608/soc1806080003-n1.html

もし、ここで吉田候補が、
「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです」
と言ったら、やはり有権者軽視ということに
なるのだろうか?

もし、左翼系の候補に保守系の団体が
同様のことをしたら、
ヘイト団体として酷く叩かれるだろう。

いま日本からは言論の自由が
急速に奪われつつある。

つい先日も、川崎での保守系の政治集会が、
左翼系の暴徒の妨害によって
開催できなくなった。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53282905.html

この国に存在する言論の自由は、
反日左翼のためのものでしかない。

もしかしたら日本は、WGIPの時代の言論統制が
今も続いているのかもしれない。

ようやくネットの情報空間が
風穴を開けつつあると思ったら、
YouTubeなどで保守系の動画が
次々に削除されているという。

「朝鮮学校への補助金削除」を指摘した吉田氏が、
なぜ「ヘイト候補」になるのだろう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« さらば小池百合子 | トップページ | 保革伯仲のなぜ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66812400

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田康一郎候補への選挙妨害:

« さらば小池百合子 | トップページ | 保革伯仲のなぜ »