フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« ポーランド戦のスタメン漏えい | トップページ | 文科省局長受託収賄容疑 »

2018年7月 4日 (水)

加首相18年前のセクハラ疑惑


『フェミニストを自任し、女性の権利拡大に積極的な
カナダのトルドー首相(46)に、
女性記者に痴漢行為を働いた疑惑が浮上している。
疑惑は18年前のものだが、セクハラを告発する
「#MeToo(私も)」運動が世界に広がる中、
疑惑当時の記事がツイッターに投稿されたことで、
再び注目が集まった。
一方、トルドー氏は1日、「対人関係で否定的な接触が
あった記憶はない」と疑惑を否定した。(後略)』
(JIJI.COM 7/3(火) 9:52配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000040-jij-n_ame

世界は狂ってますね。

18年前に痴漢行為があったのなら、
なぜその時に訴えなかったのか?

もう検証しようもない
18年前のことを持ち出して、
首相を貶めようとするなど
正気の沙汰ではない。

そう言えば財務省事務次官のセクハラ問題で
テレビ朝日は社内処分をしないそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000129-spnannex-ent

財務省とテレビ朝日の手打ちも済んでいるようで、
つぎはぎ音声テープのノーカット版が
公開されることもないという。

セクハラの風評を立てられたら
それがどんな些細なことであれ
名誉ある役職の人間は
大きなダメージを負う。

その一方で、集団レイプなどの悪質な性犯罪が、
理由を公表することなく
次から次へと不起訴処分となっていく。

ヒステリックに騒げば利益を得られる社会は、
大陸や半島の専売特許だと思っていたが、
いまや世界中がおかしなことに
なりつつあるようだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« ポーランド戦のスタメン漏えい | トップページ | 文科省局長受託収賄容疑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66898548

この記事へのトラックバック一覧です: 加首相18年前のセクハラ疑惑:

» 頭の狂ったゴミメディアの世論誘導に惑わされるべからず・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆東京新聞のアホ記事は反原発と、北 朝鮮とオイルメジャーの立場で、日本が バカを見て損する事を願う、いつもの売 国記事だという事だ!。。アカン。(# ゚Д゚)!!! http://ryotaroneko.ti-da.net/e10580170.html... [続きを読む]

« ポーランド戦のスタメン漏えい | トップページ | 文科省局長受託収賄容疑 »