フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 息子の選挙のために石破支持 | トップページ | LGBTにたかる反日左翼 »

2018年7月29日 (日)

総裁選405人の支持動向

『9月の自民党総裁選に向け、共同通信社は29日までに
所属国会議員405人の支持動向を直接取材などを通じて探った。
約76%に当たる310人が連続3選を目指す安倍晋三首相を支持した。
立候補を準備する石破茂元幹事長は石破派を中心に24人、
野田聖子総務相は本人を含めて2人だった。
国会議員票(405票)での首相の大きなリードは党員・党友による
地方票(405票)の行方に影響を及ぼすのは必至だ。
首相の3選が有力となった。
総裁選は国会議員票と、地方票の計810票で争われ、
過半数を獲得した候補が勝利する。
6年ぶりの選挙戦となる見通し。(共同)』
(TOKYO WEB 2018年7月29日 16時28分)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018072901001491.html

共同通信の調査によると、
自民党総裁選の国会議員の支持動向は、
安倍晋三310人
石破 茂 24人
野田聖子 2人
ということらしい。

これほど圧倒的な差がついても
選挙をやるのだろうか?

世論調査などで、安倍総理と石破茂の支持が
拮抗しているといった結果が出たりするが、
石破茂に対する支持は大多数が野党支持者のもので、
自民党員による投票で決まる地方票の結果とは
関係が無い。

あまりに大きな差がつくと
石破茂は離党を余儀なくされるのではないか?

野田聖子は総裁選に出ることも難しいが、
その前に彼女は仮想通貨問題で、
国会議員の地位さえ失いかねない。

それにしても安倍総理の対抗馬は
あまりにもポンコツ揃いだが、
これは自民党の人材難というよりも、
安倍総理に対抗する力が自分にあると考える
勘違いも甚だしいポンコツが
2人いたということに過ぎない。

共同通信の調査の通りだとすると、
石破茂と野田聖子の国会議員票を合わせても
一割に満たないが、
これでは選挙をする意味が無い。

それでも安倍政権批判を繰り返す石破は
滑稽であり、哀れを誘う。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


« 息子の選挙のために石破支持 | トップページ | LGBTにたかる反日左翼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選405人の支持動向:

« 息子の選挙のために石破支持 | トップページ | LGBTにたかる反日左翼 »