フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 見切り発車の太陽光発電 | トップページ | 絶滅危惧種の日本男児 »

2018年8月18日 (土)

2歳児が飴玉噛み砕く不思議

『発見した2歳児に飴を食べさせたことで
一部のママ層から批判された尾畠春夫さん(78)。
その後のインタビューで実際には飴というよりも
ラムネに近いタブレットであることが分かった。』
(netgook 8月17日)
http://netgeek.biz/archives/124781

僕もこのニュースをテレビで見たときに、
2歳児が飴玉を噛み砕いて食べたということに
何となくの違和感を覚えた。

飴玉を噛み砕くというのは大人でも難しいのに、
2歳児にそんなことができるのだろうか?
と不思議に感じたのである。

それが実際には、「匠の塩」というラムネに近い
タブレットだった、ということらしいのだ。

今年の夏は異常な高温なので、熱中症予防のために、
水分とともに塩分を補給するようにいわれる。

僕が時々お昼に行く和食屋さんでも、おつりと一緒に
「塩タブレット」をくれる。

暑い最中、体に気をつけるように
との気遣いからだ。

尾畠春夫さんも熱中症予防のために、
いつも持ち歩いていたのだろう。

不思議なのは、そうした疑問を
なぜ取材スタッフが持たなかったのかと
いうことなのだ。

ふつうなら、尾畠さんが「飴玉を与えた」
という部分はスルーしても、
それを2歳児が「噛み砕いて食べた」
と聞いたらおかしいと思わないか?

取材スタッフのレベルが
いかに低いかの証左だろう。

「飴玉をあげてね」

「はぁ~」

「子供が噛み砕いてね」

「はぁ~」

「元気に食べましたよ」

「はぁ~」

新聞やテレビの記者など
バカでもできるということです。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 見切り発車の太陽光発電 | トップページ | 絶滅危惧種の日本男児 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2歳児が飴玉噛み砕く不思議:

« 見切り発車の太陽光発電 | トップページ | 絶滅危惧種の日本男児 »