フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 絶滅危惧種の日本男児 | トップページ | 日本女子レスリング金ゼロ »

2018年8月21日 (火)

なぜ介護士のなり手がないか

『政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指して
インドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、
高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。
人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。
深刻な人手不足を背景に外国人労働者を呼び込む政策の一環。
現在は1カ国当たり毎年300人が上限。
過去の実績では日本語能力が高い人材は年数人程度にとどまるが、
新枠設定により受け入れの上積みを図る考えだ。
介護は団塊世代の全員が75歳以上になりサービスの需要が高まる
2025年には約34万人の担い手が不足する見通し。』
(JIJI.COM 2018/8/19 17:46)
https://this.kiji.is/403832717630096481

介護の仕事は確かに大変だが、
日本人が介護の仕事を敬遠しているわけではない。

大変な仕事なのに、あまりに給与が安く、
やる気のある人を遠ざけてしまっている
というのが現状なのだ。

給与を適正にすれば、介護の人材難は解決するだろう。
(介護現場と同様に大変な仕事と思われるゴミ収集の仕事は、
働き盛りの男性で占められ、定着率も高い。これはおそらく
給与が適正であるからだと想像される。)

移民を入れて、安い給与で奴隷労働をさせれば、
そこは外国人の働く場所となる。

コンビニ然り、牛丼屋然りである。

経済評論家の三橋貴明氏に言わせれば、
戦後、日本が高度成長したのは、
日本人が優秀だったからではないそうだ。

欧米に比べてはるかに高い成長を続けたのは、
欧米が人材不足を移民で埋めたのに対して、
日本は移民を入れず、技術開発投資により
生産性を向上させてきたからだという。

だから国民の給与は着実に上昇を続け、
日本人は豊かになっていったのだ。
(メディアはそれを狂乱物価と
負の側面のみを強調したけれど…)

そして、今また人手不足という、
経済成長のための千載一遇のチャンスが
めぐってきたのだと。

それを、移民による奴隷労働で埋めてしまえば、
経済成長のチャンスは失われる。

しかも、こんなことを続けていたら、
日本は移民外国人だらけの国に
なってしまうだろう。

欧米で顕在化している深刻な移民問題を、
日本も周回遅れで
抱え込もうというのだろうか?


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


« 絶滅危惧種の日本男児 | トップページ | 日本女子レスリング金ゼロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ介護士のなり手がないか:

» 我が国のゴミメディアは世論調査ではなく世論操作で国民を欺く・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆今、野党・反日マスコミ・反日左翼活 動家・在日という、日本のためにならな い連中は石破支持が多い。 これは石破氏は「日本のためにならな い」ということでもある。 石破氏の主張を見ればわかるが野党 に迎合することを言う。。。(# ゚Д゚) https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9ib25ib3JpMDk4LzM1MjM2M...... [続きを読む]

« 絶滅危惧種の日本男児 | トップページ | 日本女子レスリング金ゼロ »