フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« スポーツ界のクズ | トップページ | クズが造ったダムの末路 »

2018年8月 1日 (水)

小泉進次郎は反日左翼?


(小泉進次郎自民党筆頭副幹事長発言録)
『(自民党の杉田水脈〈みお〉衆院議員が月刊誌で、
同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」
などと主張した問題で)あれはありえない。
いかに人生100年時代をそれぞれ多様な価値観で支えていくか
ということをめざして、人生100年時代(の議論)や働き方改革などを
やっているなかで、やっぱりあれは違う。
ああいう発言が(自民)党内から出てしまうことが悲しい。
一方で、本当に「多様性とは何なのか」ということを深く突き詰めて
考えたことが日本はあまりないんじゃないかなと思う。』
(朝日新聞デジタル 2018年8月1日00時31分)
https://www.asahi.com/articles/ASL707XDBL70UTFK01T.html

小泉進次郎や石破茂の杉田水脈氏の論文に対する反応は、
旧民進党をはじめとする反日野党のそれと、
ほとんど変わらない。

「LGBTへの過度な支援に警鐘を鳴らす」という話の主題を無視し、
「LGBTのカップルは生産性がない」というワンフレーズを取り出して
批判するやり方はフェアではない。

同性婚が一部の地方議会で実質的に認められる中で、
そもそもLGBTに対する特別な支援というものが必要なのか
という彼女の問いかけに、まったく答えていないからだ。

反日野党が「生産性」という言葉を取り出して、
騒ぎ立てるのは仕方がない。

「モリカケ」にしても何にしても、
彼らには印象操作による政権批判しか
頭にないからだ。

しかしながら、小泉進次郎にしても、石破茂にしても、
同じ自民党の同士でありながら、
なぜ話の主題に向き合わず、「生産性」という表現の問題にのみ
批判の目を向けるのか。

「生産性がない」というのは、
「LGBTのカップルからは子供が産まれない」
という事実を言ったに過ぎない。

これを批判できるのは「生産性がある」、
つまり「LGBTのカップルからは子供が産まれる」
という主張のみであるはずだ。

しかしながら反日野党は、「生産性がない」を
「役に立たない」や「存在価値がない」かのように印象操作し、
杉田水脈氏の論文があたかもヘイトであり、
彼女がとんでもないレイシストであるかのように
騒ぎ立てているのである。

それに与するような発言を
小泉進次郎や石破茂はなぜするのか?

それは彼らの本質が、反日野党となんら変わるものでは
ないからとしか考えようがないのである。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« スポーツ界のクズ | トップページ | クズが造ったダムの末路 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

石破は言うにおよばず、小泉JRも底の浅さを露呈しましたね。後ろから撃つ、背面シューター2世の称号を送りたいと思います。

LGBTの人たちの婚姻などを制度上で認めると、養子縁組や相続やらで、紛らわしい事態が起きると思います。ここにつけこむ犯罪も起きることを懸念します。

生物学的にも社会的にも、ごく一般のマジョリティを基準に、制度が設計されて運用されるべきです。
「個性」に合わせて細分化することが、必ずしも最適化とは言えないと思います。

コメントありがとうございます。小泉進次郎は以前から危ないと思っていましたが、最近ようやく本性を現わすようになってきました。彼は石破と変わらないし、もっと言えば菅直人や枝野幸男ともあまり変わりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/67010849

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉進次郎は反日左翼?:

» 憲法教信者が稲田氏の「憲法教という新興宗教」を批判するを嗤う [母さんによる徒然・・・]
☆法曹界は法を商材とする商売であり、 国家試験をパスした者が資格を得る職 業である。その経緯から仕事には国家 の承認があるため、一般人はその言説 が正しい法解釈だと勘違いし易い。 しかし、こと憲法に関する限り、法曹界 は憲法教の信仰が篤く、その宣伝役ま でになってきた歴史がある。稲田氏の 発言は、そういう経緯を踏まえなけれ ば理解できないし、指摘は正しいのだ。 「憲法教という新興宗教」重要な指摘。。 http://yukokulog.blog129.fc2.com/b...... [続きを読む]

« スポーツ界のクズ | トップページ | クズが造ったダムの末路 »