フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 正直、公正訴える石破茂 | トップページ | 勝てる選挙でなければやらない »

2018年8月11日 (土)

池上彰は習近平の夢を見るか?

8月9日に日本テレビで放映された
「池上彰が教えたい!実は…のハナシ第2弾」の中で、
きっと変な夢でも見たのだろう。
またまた池上彰が大ウソをついたようだ。

池上彰
「過去の国家主席の中には、日本との関係を良くすることが中国の経済の発展にも必要だ。だから日本と仲良くしたいんだけど、日本と仲良くしすぎているといって批判されてしまって失脚した人がいるんですよ。ところが習近平さん、絶対的な権力を持ったので、もう安心して日中関係を改善していこうと言えるわけですよ。習近平さんが最初に安倍さんと会った頃は、そっぽ向いてたりムスッとしていたりする。最近、会うたびにだんだん笑顔になってきたんです。非常に逆説的なんですけど、中国のトップが非常に独裁的な権力を持った結果、日中関係は改善に向かう。」
サクラ
「へぇ~!」
https://www.youtube.com/watch?v=V4vsO6CGt6g
(1:14:20から)

習近平が日本と仲良くしたいと思っているなら、
なぜチャイナは尖閣諸島に毎日のように中国公船を送り込み、
尖閣諸島を実効支配しようとしているのか?

池上彰はまずそのことを説明しなくてはならないだろう。

習近平の安倍総理に対する態度には
確かに変化があった。

このように池上彰は、すべてがウソではなく
ある事実をもとにウソの結論を導き出し、
上手に視聴者を騙すのだ。

事実はこうである。

オバマ政権までは、チャイナの背後には米国がいて、
米国はチャイナを支援していたのだ。

だから日本の中で最も習近平の思い通りにならない
安倍総理には、国際儀礼に反した無礼な態度で
応対したのである。

ところがトランプ政権になって、米国がチャイナと
敵対するようになってしまった。

そこで追い詰められた習近平は、
日本に秋波を送るようになったのだ。

安倍総理に笑顔を振りまいたのは、
追い詰められた習近平が
また日本を利用しようと企んだからで、
習近平が独裁的な権力を持ったからでは
ないのである。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 正直、公正訴える石破茂 | トップページ | 勝てる選挙でなければやらない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

媚中・売国は日本メディアのひとつの傾向ですね。日本は孤立している、ダメな日本人だけでは日本は閉塞する、日本は日本人だけのものではない、アジアに解放しよう、いつまでも米国に金品を巻き上げられていて良いのか、の類ですね。

「少子高齢化で国が亡ぶ」も、サヨク行政や売国議員の事実の一面だけを強調して、国民を間違った方向に誘導する策謀のひとつでしょう。

それらは究極のところ、最終的に言いたいのは、中華華夷秩序の冊封体制に組み込まれるべきだということです。
マスゴミのひどさは、元nhkでどこぞの教授に納まっている池上彰が象徴しています。反日「新聞報道」のヨイショ解説ばかりです。

ご指摘のとおり、習近平が愛想笑いをするのは、騙して金品を搾取するために他なりません。トランプとの政治経済戦争で圧力を受けているからですね。

シナは、国家ぐるみで台湾のマフィアを使って独立運動を妨害していますし、そのマフィアは沖縄のやくざと懇ろに相互訪問をするなど、癒着を深めています。「琉球独立」の背景にシナがいるんですね。

コメントありがとうございます。「習近平が独裁的な権力を持った結果、日中関係は改善に向かう」などと、よくそんなデタラメが言えるものですね。でも、サクラが「へぇ~」などと感心するから、視聴者も「そうなの?」と思ってしまったりする。というか、今回の件はいくら馬鹿な視聴者でも騙されないと思うんですがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/67046044

この記事へのトラックバック一覧です: 池上彰は習近平の夢を見るか?:

» 我が国の五大税金の無駄遣いとな… [母さんによる徒然・・・]
☆日本政府は領土領海を守る手法を 韓国に見習うべきだ。日本はダメすぎ る。。。(# ゚Д゚)!!! https://ameblo.jp/ishinsya/entry-12396130891.html [続きを読む]

« 正直、公正訴える石破茂 | トップページ | 勝てる選挙でなければやらない »