フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 勝てる選挙でなければやらない | トップページ | 緩みきった富田林署 »

2018年8月13日 (月)

それでも嘘をつく財務省


『財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が
6月末で1088兆9851億円になったと発表した。
3月末から1兆1721億円増え、過去最高を更新した。
7月1日時点の人口推計(1億2659万人)を基に単純計算すると、
国民1人当たりの借金は約860万円になる。(後略)』
(JIJI.COM 2018/08/10-17:31)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081000930&g=eco

もう多くのまともな経済学者や経済評論家が、
『財務省が「国の借金」と呼んでいるのは「政府の借金」であり、
国民は貸し手側の債権者なのに
まるで借り手側の債務者であるかのように
国民一人あたり約860万円の借金などというのは
大ウソだ』と指摘している。

政府の債務が増えると国が破綻するような印象を
与えているが、これも大ウソだ。

最初に財政破綻を言い出したのは、
1995年の竹村正義大蔵大臣の時で、
当時の国債残高は460兆円程度であったのに
国債残高が2倍になったいまも
日本が財政破綻する気配は全く無い。

国の財政状況は債務対GDP比率、
つまりGDPに比べて債務の大きさがどれくらいか
で表わされるそうなのだが、
なんと竹村蔵相が財政破綻を言い始めた1995年当時、
日本の債務対GDP比率は
先進国の中で最も低かったらしい。
http://livedoor.blogimg.jp/zwawawa/imgs/7/7/778b22ed.png

つまり財政状況の最も健全な日本の蔵相が
「財政危機宣言」を行なったのだ。

その後、日本の債務対GDP比率は悪化の一途を辿るが、
それは債務が増大したこともあるが、
日本のGDPがまったく伸びなくなったことも
大きな原因なのである。

GDPが伸びなかったのは日本がデフレだったからで、
なぜデフレになったかというと、日銀が金融緩和を行なわず、
政府が緊縮財政を続けたからだ。

要するに、最も財政が健全な日本の蔵相が財政危機を煽り、
財政が危機だからお金を使わない、つまり緊縮財政が推進され、
緊縮財政を続けたから景気回復がならず、GDPが伸びない。

だから債務対GDP比率が悪化してきた
ということなのだ。

債務対GDP比率は悪化しているが、
政府の負債(国債)の約45%を日銀が保有しているので、
日銀保有分は返済も利払いも必要がない。

ということは日本の実質的な債務対GDP比率は
他の先進諸国並みで、心配するには当たらない。

円の信認ということで言えば、
世界経済が不安定になると安全資産といわれる円が買われ、
円高になるくらいだから何の心配もない。

いま日銀は金融緩和を続けているので、
政府が財政出動を拡大すれば景気が回復し、
GDPも伸びるのだが、
なぜか財務省は国の借金を喧伝し、
緊縮財政を続けようとしている。

財務省は大ウソをつき、
これまでも、これからも日本を小国化し、
他国の侵攻を容易にしようとしている。

財務省こそが日本を破壊しようとする
元凶なのだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 勝てる選挙でなければやらない | トップページ | 緩みきった富田林署 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>国民は貸し手側の債権者なのに、まるで借り手側の債務者であるかのように

 そうですね。財務省は、こういうマヤカシを、ずっと使い続けているということですね。それが、1995年からですか。本当に、すぐにも国家破綻するかの脅しようだったようです。
 ムーミンパパ武村氏が所属する「さきがけ」が村山内閣に参加したときなんですね。またも出てきた村山内閣という感じです。細川、羽田、村山はろくでもなかった。

 私は、若いときは「国債」がわかりませんでした。ようやく自分なりにたどり着いたのは、日本の場合は、通貨・紙幣の発行・回収の証明書みたいなもので、金券でもなんでもない、という理解です。市場で使えるキャッシュが減るだけ。何の意味があるのか。

 他国の場合は、第三国から借りる「借用書」というところでしょうか。これは、明らかに返済を求められ利子負債もつく借金です、と。
 唯一、アメリカの国債は、払う気のない「領収書」ですけど。
 十分な理解と言えないかも知れません・・・
 偉い経済学者さんには、同じ国債でもよくわかる名称をつけて分類してほしいものだと思います。

しかし、なんで、国の中核を担う中央官庁が、国民を騙さねばならないのか。
この結論も、ただ彼ら省庁の権益を守り、日本を弱体化したい変な動機があるからとしか考えようがありませんね。

コメントありがとうございます。国民を騙して省益を拡大し、日本を弱体化させる。財務省って反日工作員の巣窟なんでしょうか…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも嘘をつく財務省:

» 自分の国は自分で守る確固たる政策を持つことが外交と安全保障の最優先課題とな… [母さんによる徒然・・・]
☆日本には邦人拉致を解決する外交 能力は全くないのである! 外交能力がないどころか、日本国内に 各国のスパイが自由にやりたい放題 活動できることが拉致問題で証明され ている。 スパイ天国日本といわれてもいまだ防 止法が制定できない国だ。。。(# ゚Д゚)!!! http://ryotaroneko.ti-da.net/e10651054.html... [続きを読む]

« 勝てる選挙でなければやらない | トップページ | 緩みきった富田林署 »