フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 最低学府としての大学 | トップページ | 販促に精出す村上春樹 »

2018年8月 5日 (日)

野田聖子がなぜ総裁候補?

『自民党総裁選挙への立候補に意欲を示す野田総務大臣は、
女性や高齢者、障害者などすべての国民が活躍できるフェアな制度を構築し、
「世界標準の国」を目指すことを柱とする政策を発表しました。
来月の自民党総裁選挙に向けて、野田総務大臣が地元・岐阜市で発表した
政策では、まず政治姿勢について、トップダウンではなく国民の声を
丁寧に聞いて「双方向」の政治を実行するとしています。
そのうえで、女性や高齢者、障害者などすべての国民が活躍できるよう
在宅勤務の拡大など働き方の多様化を進め、公平に評価するフェアな制度を
構築して「世界標準の国」を目指すことを前面に打ち出しています。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2018年8月5日 18時07分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180805/k10011564441000.html

共同通信社の調査による
自民党の所属国会議員405人の支持動向では、
支持者の数は
安倍晋三310人、
石破茂24人、
野田聖子2人だった。
(7月25日付)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018072901001491.html

つまり今のところ野田聖子を支持しているのは、
本人を含めて2人しかいないのだ。

これを総裁候補と呼ぶのだろうか?

支持者が1人しかいないのに、
総裁選に向けての政策を発表するとは、
この人のメンタルは相当なものだが、
これを取り上げるメディアもメディアである。

まあ、話している内容は、
安倍総理が掲げる1億総活躍社会と
ほとんど変わらない。

強いて挙げれば「世界標準の国」という言葉だが、
それは、これまで散々破壊されてきた「日本的なもの」を
さらに壊していこうという、
グローバリズム強化の考え方だ。

野田聖子が総裁選に出るのか分からないし、
仮想通貨もどきで失脚の可能性もあるし、
彼女が自民党総裁になる可能性は
永遠のゼロ%だろうから
問題にする必要もないのだが、
なぜ彼女が注目されるかを考えると
それは石破茂に続いて、
彼女を総理総裁にしたいという勢力が
存在するということだ。

そうすれば日本のグローバル化は完成し、
日本的なるものは完全に失われ、
チャイナや半島の思い通りになる国が
できあがるということだろう。

支持者1人の総裁候補をメディアが取り上げるのは
そうした理由による。

党内での支持はほとんどないのに、
女性総理第一号は野田聖子というイメージをつくり、
安倍総理の次を狙っている。

絶対に無理だとは思うけれど…。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 最低学府としての大学 | トップページ | 販促に精出す村上春樹 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

石破も野田も自民には不似合い。はっきり言っていらない。

コメントありがとうございます。よく「総裁選はやった方がいい」という人がいますが、それなりの論戦が闘わせられるならまだしも、石破や野田では意味がありません。時間の無駄です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/67025370

この記事へのトラックバック一覧です: 野田聖子がなぜ総裁候補?:

« 最低学府としての大学 | トップページ | 販促に精出す村上春樹 »