フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 女子一律減点6割理解できる | トップページ | 正直、公正訴える石破茂 »

2018年8月10日 (金)

ボクシングだけなのか?


『日本ボクシング連盟の不正疑惑で、
助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係などで批判を受け、
会長を辞任した山根明氏が一夜明けた9日、
大阪市内の自宅前に集まった報道陣に姿を見せ
「変わらん」「逃げてない」などと語った。
当初は無言だったが「逃げないと言っていたのでは」
「男・山根、それで大丈夫なんですか」などといった問い掛けに答えた。
辞任の理由などについて話すことはなかった。(後略)』
(産経WEST 2018.8.9 11:39)
https://www.sankei.com/west/news/180809/wst1808090035-n1.html

韓国からの密入国者が、
いつの間にかアマチュアボクシング界で力を持つようになり、
終身会長という絶対権力を手に入れ、
試合の判定にまで口を出すようになる。

「そんな馬鹿な」という思いと、
「こんな風にして日本の様々な組織が腐ってきたのだろう」
という思いが交錯する。

半島人が権力を手にすると、
余程のことがないとその権力は
日本人の手には戻らない。

今回の事件は、そのことを如実に
物語っているのではないか。

山根会長のキャラクターにより、
今回の事件がお笑いのようになっているが、
もちろん笑い話などではない。

こうしたことは公共放送のNHKをはじめとするマスメディア、
政治、官僚、経済界、法曹界、教育界など
あらゆるところに侵蝕しているのではないか。

テレビでくり返し放映された、
2度もダウンを奪い、圧倒的に攻めていた選手が
奈良県の選手に判定負けしたシーン。

あのシーンはサッカーの日韓ワールドカップで、
韓国チームが審判を買収し、ベスト4に残ったことを
思い起こさせる。

ああしたことが、この日本で、
日本人同士の試合で繰り返されたのだ。

事態は極めて深刻であり、
こうしたことが日本中のあらゆるところで
行なわれているのではないかと憂慮する。

日本という国が根本から
腐りかかっているのだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


« 女子一律減点6割理解できる | トップページ | 正直、公正訴える石破茂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/67039382

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシングだけなのか?:

« 女子一律減点6割理解できる | トップページ | 正直、公正訴える石破茂 »