フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 立憲ペートナー | トップページ | 負けて存在感って何? »

2018年9月20日 (木)

安倍553票、石破254票

自民党総裁選の結果が出た。

石破茂が意外に健闘した、
というのが大方の見方だろうか?

地方票では接戦となる地域も
あったようだ。

日本人特有のバランス感覚か、
石破の主張に共感した自民党員がいたのか、
とにかく安倍大勝の事前予想が
結果に影響を与えたのは確かだろう。

「石破さんかわいそう」的な
判官贔屓があったと思う。

そもそも石破の主張など
クソみたいなものだ。

たとえば石破は
「どこで何があっても亡くなる方や傷つく方が
最小限になる態勢をつくるために
防災省は絶対に必要だ」と言うが、
絶対に必要なのは「国土強靱化」であり、
災害に強い国づくりだろう。

地震で山が崩れてから、
豪雨で川が溢れてから
できることなど限られている。

そんなことなら現政権は
非常によくやっている。

しかしながら石破茂は財政再建派で、
増税・緊縮政策だから国土強靱化など
まったくやる気がない。

だから防災省など器だけつくって
中身のない話に終始するのだ。

とにかく安倍総理が再選を果たしたので
その点では問題はない。

最後の3年間で憲法を改正し、
日本経済の真の再生、国土強靱化に
道筋をつけて欲しい。

輸出や移民、インバウンドに頼るのではなく、
日本人自身が豊かになることで
経済の好循環が得られるような政策に
転換しなければならない。

このままでは日本は、アジアの片隅の
貧しい島国に成り下がってしまう。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 立憲ペートナー | トップページ | 負けて存在感って何? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

輸出や移民、インバウンドに頼るのではなく、
日本人自身が豊かになることで
経済の好循環が得られるような政策に
転換しなければならない。

ここは、ほんとうに日本にとって、誰が宰相であろうとも、重要な問題ですね。
これに現実的な道筋をつけられる政治家であれば、安倍さんでなくても良いのです。
しかし、そんな人物はいないところがジレンマです。

コメントありがとうございます。消費税増税をやめ、国土強靱化などで長期的な財政出動の拡大を決定すれば良いだけなんですけどね。日本の企業風土も昔に戻したいですね。会社のトップや株主ばかりが富を独占していては、みんなが豊かにはなれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍553票、石破254票:

« 立憲ペートナー | トップページ | 負けて存在感って何? »