フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 日本とチャイナの不思議な関係 | トップページ | 詐欺師はよくしゃべる »

2018年10月24日 (水)

恥知らずを英雄扱い

『シリア入国後に行方不明になり、解放情報が伝えられた
フリージャーナリストの安田純平さん(44)について、
在英のシリア人権監視団は23日、解放に際し
「多額の身代金が支払われた」と主張した。信ぴょう性は不明。
日本政府は、テロリストに身代金を払わないというのが公式の立場。
人権監視団のアブドルラフマン代表は
「身代金は日本ではなく、カタールが支払った。
記者の生存や解放に尽力したという姿勢を国際的に
アピールするためだ」との見方を示した。(後略)』
(10月24日(水)6時29分 時事通信)
https://news.biglobe.ne.jp/international/1024/jj_181024_5847816606.html

プロ人質とも揶揄される安田純平とやらが解放されて
マスメディアは英雄ご帰還のような扱いだが、
もしこの記事が事実だとすれば、
彼が日本国に与えた迷惑は計り知れない。

彼はテロリストと組んで、
日本から多額の身代金を引き出すために
わざと拘束されたという噂がある。

こうしたことに身代金を支払うと、
海外にいる日本人を危険にさらすということもあり、
日本政府は身代金を払わないという姿勢を貫いた。

しかしながら、カタールが身代金を
肩代わりしたということになると、
テロリストは金をせしめることができたわけで、
彼はプロ人質としての仕事を
果たしたことになる。

彼が日本人かどうかは問題ではなく、
プロ人質がテロリストと組んで
多額の身代金を獲得するという
悪しき前例を作ってしまったわけだ。

彼の両親もテレビに登場していたが、
「息子が馬鹿なことをして…」といったような
謝罪の言葉は一切なかった。

テレビがカットした可能性は
もちろんあるけれど…。

ヒゲを生やしているのでよく分からないが、
3年間も拘束されていた割には
彼はとても元気に見える。

食事は充分摂れていたのか
あまり痩せてる風でもない。

テロリストに拘束され、
3年間死の恐怖にさらされていた人間とは
とても思えない。

さすがはプロ人質と感心するが、
彼が日本に帰還すればメディアは英雄のごとく扱い、
何やかやと日本政府の批判に使うだろう。

ここでも日本に迷惑をかけた人間が、
日本への批判に使われるのだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 日本とチャイナの不思議な関係 | トップページ | 詐欺師はよくしゃべる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恥知らずを英雄扱い:

« 日本とチャイナの不思議な関係 | トップページ | 詐欺師はよくしゃべる »