フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 改憲提出10-20代6割賛成 | トップページ | 防犯カメラと人権侵害 »

2018年10月17日 (水)

それでも増税する不思議

『来年10月に予定される消費増税に伴う負担軽減策として、
商品券や現金を配る案が政権内で浮上してきた。
政府は中小小売店で「キャッシュレス決済」をした買い物客に
ポイントを還元する対策を検討中だが、
その効果を疑問視する声が相次いでおり、
より手っ取り早い現金給付案が広がりつつある。』
(朝日新聞デジタル 10/17(水) 5:54配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000010-asahi-pol

増税による経済への悪影響を緩和しようと、
軽減税率をはじめ様々な対策が検討されている。

そのドタバタぶりを見ていると、
この国は終わった感が漂う。

食品の軽減税率では
コンビニのイートインをどうするかに悩み、
キャッシュレス決済のポイント還元では
カード決済できない小売店やカード決済しない
お年寄りが問題になっている。

解決策は簡単なのだ。

増税が景気を大きく後退させることは
みんなの共通認識なのだから、
増税をやめればいいのである。

そもそも何のために増税するのだ?

もし増税が税収を増やすためなら、
増税は景気を冷やし逆効果だ。

この20年間にチャイナのGDPは約10倍に、
欧米でも2倍程度には増えている。

日本のGDPは、この20年間全く増えていない。

もし日本のGDPが欧米並みに2倍程度に増えていれば
税収も約2倍に増えていたはずだ。

日本は消費税増税や緊縮財政など
景気を後退させる政策を採り続けたために
税収が伸びなかったのである。

幸いにも立憲民主党や共産党までが
増税に反対している。

この際、増税を延期(または凍結)
してしまえばいい。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 改憲提出10-20代6割賛成 | トップページ | 防犯カメラと人権侵害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも増税する不思議:

« 改憲提出10-20代6割賛成 | トップページ | 防犯カメラと人権侵害 »