フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 安田純平は逮捕されるか? | トップページ | 中身をくり抜いた南瓜頭の国 »

2018年10月30日 (火)

断じて受け入れられない


『元徴用工の韓国人が新日鉄住金を相手取った訴訟で、
韓国最高裁が原告勝訴とする判決を下したことを受け、
河野太郎外相は30日午後、「1965(昭和40)年の国交正常化以来
築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すもので
極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」
とする談話を発表した。
河野氏は「韓国が直ちに国際法違反の状態を是正することを含め、
適切な措置を講ずることを強く求める」と韓国側に要求。
さらに「直ちに適切な措置が講じられない場合には、
日本企業の正当な経済活動の保護の観点からも、
国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れ、
毅然(きぜん)とした対応を講ずる考えだ」と述べた。』
(産経ニュース 2018.10.30 15:27)
https://www.sankei.com/politics/news/181030/plt1810300024-n1.html

河野外相は、「1965(昭和40)年の国交正常化以来
築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すもので
極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」
とまで言ったのだから、「国際裁判」などと眠たい話ではなく、
「国交断絶」に言及して欲しかった。

もうあの国には何を言っても同じだ。

彼らは自分たちが何をやったか分かっていないし、
日本が「国交断絶」と言っても、
おそらくその意味を理解しないだろう。

彼らには具体的な痛みが必要なのだ。

それなしに何かを分からせようとしても、
すべて徒労に終わる。

理屈や常識は通じない。

日本が国交を断絶し、
そこから生じる様々な不都合が現実化し、
韓国の経済が打撃を受け、国力が低下して初めて、
自分たちのやったことの過ちに気づくだろう。

話の分かる相手ではない。

「断じて受け入れられない」ことをした相手には、
そのことを行動で分からせるべきだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 安田純平は逮捕されるか? | トップページ | 中身をくり抜いた南瓜頭の国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 断じて受け入れられない:

« 安田純平は逮捕されるか? | トップページ | 中身をくり抜いた南瓜頭の国 »