フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 詐欺師が嘘を上書き修正 | トップページ | なぜ不起訴なんですか? »

2018年11月 3日 (土)

NHK取材音声をアレフに送信

『NHK札幌放送局は2日、オウム真理教の後継主流派「アレフ」の
取材をしていた同局放送部のディレクターが、
住民ら6人へインタビューした音声データをダウンロードできる
サイトのURLを、誤ってアレフ本部広報に
メールで送っていたと発表した。(後略)』
(毎日新聞2018年11月2日 20時31分)
http://mainichi.jp/articles/20181103/k00/00m/040/123000c

これはTBSが坂本弁護士へのインタビュービデオを
オウム真理教に見せた事件と酷似している。

誤って送ったなどと言っているが、
こんな誤りは通常起こりえない。

不気味な宗教団体「アレフ」に対する
周辺住民のインタビューを、
最も警戒すべき「アレフ」の本部へ
メールで送るなど考えられない。

「アレフ」がどの程度凶悪であるかは分からないが、
インタビューに答えてしまった住民たちの不安は
察するにあまりある。

ここから引き出される教訓は
テレビ局の取材になどうかつに答えてはいけない、
ということになるだろうが、
最も厳格に守られねばならない
マスメディアの情報管理は
いったいどうなっているのだろう。

坂本弁護士事件では、社長や三役が辞任し、
二人のプロデューサーが懲戒解雇となったようだが、
NHKはこの責任をどう取るのだろう?


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 詐欺師が嘘を上書き修正 | トップページ | なぜ不起訴なんですか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK取材音声をアレフに送信:

« 詐欺師が嘘を上書き修正 | トップページ | なぜ不起訴なんですか? »