フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 約束は破るためにある | トップページ | 駐韓大使召還とビザ免除凍結 »

2018年11月30日 (金)

泥仕合で日本は勝てない

『日本政府は、元徴用工らへの賠償命令を受けた日本企業の資産が
韓国で差し押さえられた場合、
日本国内の韓国側の資産を差し押さえる対抗措置の検討に入った。
この措置は相手国の国際法違反行為に対して
国連が条件付きで認めている。
実現のハードルは高いが、強硬手段をちらつかせて韓国政府に
賠償判決への対応を迫る思惑もありそうだ。(後略)』
(毎日変態新聞 11/30(金) 6:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000005-mai-pol

この記事は事実なのだろうか?

毎日変態新聞の記事なので、
すべて変態的妄想かもしれない。

「日本企業の資産が韓国で差し押さえられた場合、
日本国内の韓国側の資産を差し押さえる」とのことだが、
泥仕合になれば、どんな汚いことでもやる
韓国が有利に決まっている。

醜い争いの応酬になれば、
傷つくのは日本だ。

日本政府と日本企業は一刻も早く、
韓国から離れるべきだ。

失うものは多いかもしれないが、
これまで逃げ出すチャンスがあったのに
韓国にとどまり続けてきた、
日本企業が愚かすぎる。

在韓日本大使は召還し、
韓国進出企業は韓国拠点を引き払い、
在日韓国企業と在日韓国人は強制送還し、
日韓関係を可能な限り薄くする。

多少の犠牲を払っても(大きな犠牲でも)、
これをやるべき。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 約束は破るためにある | トップページ | 駐韓大使召還とビザ免除凍結 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泥仕合で日本は勝てない:

« 約束は破るためにある | トップページ | 駐韓大使召還とビザ免除凍結 »