フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 外人無罪 | トップページ | 韓国が友好国? »

2018年12月20日 (木)

日本政府IWC脱退方針


『政府は商業捕鯨の再開に向け、
国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めた。
来週にも表明する。
政府関係者が20日、明らかにした。』
(KYODO 2018/12/20 09:43)
https://this.kiji.is/448284872570225761

日本人にクジラを食べさせないことだけを目的にした
国際捕鯨委員会など一刻も早く脱退すべきだ。

もっと牛肉を輸入しろ、豚肉を輸入しろ
ということなのだろうが、
お前らの成長ホルモンを大量に投与した
畜肉など食べられるか!

僕が子供のころ、京都の錦市場で
おふくろが鯨カツとだし巻き卵を
よく買ってきてくれた。

すごくおいしかった。

クジラの大和煮の缶詰も
よく食べた。

いまクジラは増えすぎているくらいで、
絶滅の心配など全くない。

クジラが大量に魚を食べることにより、
そちらの資源が心配されるくらいだ。

国際ナンチャラ委員会というのは、
反日が目的の団体なのだ。

そんなところに所属していても、
日本の希望が通るわけがない。

クジラという自然の恵みを
無駄なく食べつくす日本の食文化は、
世界が手本とすべきものだ。

錦市場の独特のたれに付け込んだ鯨カツを
ぜひもう一度食べてみたい。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 外人無罪 | トップページ | 韓国が友好国? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もう読まれましたか、
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

子供のころ、鯨のベーコンを食べてました。厚さは薄いのに、独特のおいしさがありました。脂分は少なく、健康食だったかも知れません。
いつからか、流通しなくなりましたね。
鯨肉の缶詰を、まれにみかけますが、あのベーコンはないものかと思います。

コメントありがとうございます。牛・豚・鶏はよくて、鹿・鮪・鳩もよくて、なぜクジラだけがだめなのか、明確な理由を聞きたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本政府IWC脱退方針:

« 外人無罪 | トップページ | 韓国が友好国? »