フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 過去の賠償、未来の協力 | トップページ | 失敗真似るバカな猿 »

2018年12月 4日 (火)

誰も使わぬ流行語


『今年流行した言葉を決める「2018ユーキャン新語・流行語大賞」
が3日、発表され、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のカーリング
女子日本代表で銅メダルを獲得した
「ロコ・ソラーレ(LS北見)」のチームメンバーが試合中に発して
話題となった「そだねー」が年間大賞に選ばれた。(後略)』
(MANTANWEB 12/3(月) 17:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000019-mantan-ent

今年の流行語大賞が、「そういうのあったよね」
というレベルでいいのだろうか?

いま「そだねー」なんて言っている人は
まずいない。

つまり、流行ってすらいないのだ。

今年の流行語を一つ選ぶ、ということは、
それが何らかの意味で今年を象徴するもので
なければならないと思うのだが、
「そだねー」がそれに値するとは
とても思えない。

「ユーキャン新語・流行語大賞」が
つまらないのは、それを選ぶ審査員のレベルが
極端に低いことに行き着く。

彼らは左翼脳に凝り固まっていて、
安倍政権を揶揄するような言葉を選ぶことに
注力しているから、それを封じられてしまうと
もはやどうでもよくなってしまうのだ。

「『そだねー』って流行ったよね」

「そうだっけ?」

「ほかのに比べれば流行ったんじゃない?」

「『災害級の暑さ』って何なの?」

「『奈良判定』はやばいよね」

「それにしてもひどい候補ばかりだな…」

「じゃあ『そだねー』でいきますか」

「そだねー」


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 過去の賠償、未来の協力 | トップページ | 失敗真似るバカな猿 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も使わぬ流行語:

« 過去の賠償、未来の協力 | トップページ | 失敗真似るバカな猿 »