フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« サムスン株ついに暴落? | トップページ | 正論を堂々と述べる »

2018年12月16日 (日)

中国を特恵関税対象除外


『発展途上国の支援のために輸入関税を低くする「特恵関税」について、
日本は来年4月以降、中国を対象から除外することを決めました。
特恵関税は発展途上国の支援を目的として、
農産品や工業製品など3600品目余りの関税を無税にしたり、
低くするもので、昨年度は9割近くが中国からの輸入品でした。(後略)』
(テレ朝news 2018年12月14日)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000143137.html

まだチャイナを特恵関税扱いにしていた
ことのほうに驚いてしまう。

チャイナが日本をGDPで追い越してから、
もうどのくらい経っただろう。

しかもチャイナは反日国家であり
仮想敵国なのだ。

日本の国家としてのズレっぷりは、
今更ではあるが、今後は仮想敵国の工作員を
無制限に迎え入れている非常識も
改めなければならない。

気がつけば、
日本にはチャイナからのモノや人が
あふれている。

特アとは、人・モノ・金を遮断し、
可能な限り関係を薄くすることだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« サムスン株ついに暴落? | トップページ | 正論を堂々と述べる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

仮想敵国に、ようやっと廃止したODAとか今更な感の特恵関税とか、日本国政府はいったい何をやっていたんだろう。日本的和の精神は国内だけで有効かつ有意義であり、国際関係はもっとシビアに現実を見極めて対処していかなければならない。
もっとも、国内の反日勢力に対しても、その実態からみればまさに国外勢力(特に特亜三国)からの内乱陰謀の類であり、スパイ防止法等々の国内反日勢力用の法律を制定して厳しく取り締まっていかねばならないと思う。

コメントありがとうございます。おっしゃる通りですね。これ以上反日勢力に配慮していたら命取りになります。日本の侵略は相当程度進んでおり、強権を振るうことなしに日本を取り戻すことなどできません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国を特恵関税対象除外:

« サムスン株ついに暴落? | トップページ | 正論を堂々と述べる »