フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 新在留資格は韓国はずしか? | トップページ | 靖国神社で放火事件 »

2018年12月13日 (木)

島国を太平洋に沈められる


『北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、
日本が過去清算を回避していると非難する論評を掲載した。
朝鮮中央通信が伝えた。
論評は「日本は20世紀、朝鮮を不法に占領して働いた天人共に
激怒する罪悪をさっぱり忘れたかのように振舞っている」と主張。
続けて「こんにちの朝鮮は自分を守る力がなくて踏みにじられ、
受難を経ていた過去の弱小国ではなく、
島国の運命を千秋に積もった過去の罪悪と共に
太平洋に水葬させる巨大な力を持った国である」としながら、
日本は今からでも「過去の罪悪に対して真実に謝罪、反省し、
賠償すべきであり、再侵略の妄想を未練なく
捨てなければならない」などと述べた。』
(Daily NK Japan 2018年12月11日)
https://dailynk.jp/archives/119323

日本国憲法の前文には、「平和を愛する諸国民の
公正と信義に信頼して」とある。

これは日本国民を拉致し、
「島国を太平洋に沈められる」と主張する
北朝鮮のことか。

日本固有の領土である竹島を不法占拠し、
嘘を並べ立てて謝罪と賠償を要求し続ける
韓国のことか。

尖閣諸島を領有しようとしている
チャイナのことか。

北方領土を占領し、返還しようともしない
ロシアのことか。

「平和を愛する諸国民」など
どこにいるのか。

日本人は一刻も早くお花畑から抜け出して、
現実を直視し、馬鹿げた憲法をまともなものに
直さなければいけない。

憲法を変えたら戦争になると言うが、
もう戦争は始まっていて、
日本は極めて危険な立場にある。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 新在留資格は韓国はずしか? | トップページ | 靖国神社で放火事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まったく仰るとおりです。
米軍がいなくなって、あっという間に破壊されちまうんじゃないかと心配です。

日本は確かに危機的状況にあります。内憂外患です。
同盟国でさえ、状況次第では助けてくれません。助けた方が、世間体(国際イメージ)がいいとか、あとあと貸しができていいな、と思わせるだけの有力な武器を持ち、平時から関係性を高めて維持しておかないと。

現実的な行動を当事国が取らないと始まりません。日本はもちろん、世界中の国々がそうだと思います。

仕掛けてきている相手が野蛮で盗賊まがいの国家であれば、なおのこと毅然と態度を取らねばなりません。

コメントありがとうございます。日本国憲法の前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という言葉に疑問を持たない日本人にはあきれ果てるばかりです。世界はそんなお花畑ではありません。日本からはあらゆるものが盗まれ続けています。そして日本を貧乏国家にする工作が延々と続けられ、そのことにすら気づかない愚かさです。もう日本はだめなのかな、と思わないでもないですが、日本人としてはあきらめきれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島国を太平洋に沈められる:

« 新在留資格は韓国はずしか? | トップページ | 靖国神社で放火事件 »