フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 人質外交は特亜の得意技 | トップページ | 海外出国、韓国が最多 »

2018年12月28日 (金)

証拠示して何になる

『韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に
火器管制レーダーを照射した問題で、
韓国国防省は28日、日本が当時の映像を公開したことに
「深い憂慮と遺憾を表明する」との声明を出し反発した。』
(KYODO 12/28(金))
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000133-kyodonews-int

自衛隊の哨戒機がレーダー照射を受けた問題で、
韓国がそれを認めようが認めまいが関係ない。

その暴挙に対して日本がどのような
行動をとるかが重要なのだ。

本来ならレーダー照射を受けた時点で、
自衛隊機は韓国の駆逐艦を攻撃すべきだった。

まあ、それが無理であったとしても、
即座に韓国との関係に重大な影響を与える
制裁を加えるべきだったのだ。

ビザ免除の取り消しや
韓国製品の輸入禁止措置など、
採りうる手段はいくつもある。

なぜ、「やった、やらない」の不毛の議論に
自ら立ち入ってしまうのか。

もし韓国がそれを認めたら
許してしまうのか?

自衛隊機が駆逐艦を攻撃していれば、
周辺国は二度とレーザー照射という
ふざけた真似をしなくなるだろう。

反撃せず、制裁もしなければ、
自衛隊員の危険は増すばかりだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 人質外交は特亜の得意技 | トップページ | 海外出国、韓国が最多 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証拠示して何になる:

« 人質外交は特亜の得意技 | トップページ | 海外出国、韓国が最多 »