フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 性転換で女子世界選手権へ | トップページ | 新在留資格は韓国はずしか? »

2018年12月10日 (月)

日韓議連は廃止せよ

『安倍晋三首相が14日にソウルで開かれる
日韓議員連盟(会長=額賀福志郎衆院議員)と韓日議員連盟の
合同総会に祝辞を出さないことがわかった。
日本の首相が祝辞を出さないのは異例のことで、
日韓関係の悪化が影響している。
額賀氏は14日に文在寅(ムンジェイン)大統領を表敬する予定だが、
首相が親書を託す予定もないという。(後略)』
(朝日新聞デジタル12/10(月) 17:36配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000039-asahi-pol

日韓議連の総会に安倍総理が祝辞を出さないのは当然だが、
そもそも日韓議連は何のために韓国へ行くのか?

この時期にのこのこと出かけていけば、
日本には何をしても韓国との友好を求めてくると
誤ったメッセージを与えないか?

そもそも日韓議連というのは、冷戦時代に西側諸国として団結し、
東側国家に対抗するため結成されたものだ。

もうとうに歴史的役割を終えているし、
最近では「日本における外国人参政権の実現」を求められ、
「法案の実現に向け努力する」と答えたり、
「河野談話、村山談話など歴代政権の立場の継承」を
繰り返し確認している。

要は国賊ともいうべき団体なのだ。

韓国が日韓基本条約を無視する形で個人補償を求めている今、
日本と韓国の関係は国交正常化以前に戻るべきで、
何の主張もできない馬鹿議員がへらへら出かけるべきではない。

本当に何しに行くんですかね?


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 性転換で女子世界選手権へ | トップページ | 新在留資格は韓国はずしか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそもが何のための連盟なのか。韓国を西側陣営に引き留めるための、米国の命令だったのかなと推測できます。

けっきょく、日韓議員連盟なんて、媚びへつらった御用聞きですね。
相手が相手ですから。日本から訪問すれば自分勝手な要求、自分らが訪日すれば圧力団体と同じです。
さもなければ、相手の時間かせぎに利用されるだけです。

歴史的役割は終わった。そうですね、とうの昔に終わっています。
遅くとも、冷戦が終わった時点で終わってないと。ソウル五輪終了後は、普通の外国と同じに接すればよかったのでしょうね。

まったくこの期に及んで何をしにいくんだろう?

韓国人と話し合うことの無意味さがまだ分からないようなら、
これ以上政治家を続けるべきではない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓議連は廃止せよ:

« 性転換で女子世界選手権へ | トップページ | 新在留資格は韓国はずしか? »