フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 何のための黙秘権 | トップページ | まず韓国食品の禁輸を »

2019年1月27日 (日)

アホ記者のアホ質問


『テニスの全豪オープン女子シングルスで優勝した
世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が27日、
一夜明け日本の報道陣に対応した。
会見は、日本人記者の質問を通訳を通じて英語で応答していたが、
記者から「今の気持ちを日本語で表現するとしたらどんな気持ちですか」
と聞かれ「日本語?」と問い返した大坂は「今の気持ちは
すごく嬉しいとちょっとビックリした」と日本語で答えていた。
また、別の記者が「クビトバ選手、左利きの選手だった。
大変だったと思うんですけど対応が。
まずは日本語でどれぐらい大変で難しかったかって一言、
お気持ちどうでしたか」と聞かれ
「英語で言わせていただきます」とした上で
「今まで対戦したことのない選手でした。
私にとって左利きの選手は難しいんですね。
2人ともとても勝ちたいと思ってやってきましたから、
とても大変な試合でした」と英語で答えていた。』
(スポーツ報知 1/27(日) 9:26配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000058-sph-spo

マスメディアの記者のレベルが低いことは
今さら言うまでもないが、
それにしても「なんでこんなにバカなの?」と
首をかしげてしまう。

通訳をつけて話しやすい英語で答えている人間に、
なぜ何度も日本語で話させようとするのだろう?

自分たちが大した質問をできないから、
相手に苦手な日本語を使わせて、
笑わせてくれることを
期待しているのだろうか?

野球の大谷翔平が帰国会見を開いた時も、
しきりに英語で感想を言わせようとする
記者がいた。

日本人が日本に帰ってきて会見をしているのに
なぜ英語で答える必要があるのか?

大坂なおみの場合も、
「クビトバ選手、左利きの選手だった。
大変だったと思うんですけど対応が。
まずは日本語でどれぐらい大変で難しかったかって一言、
お気持ちどうでしたか」と聞いた記者は
相当なバカ記者であろう。

質問の最後に、「今の気持ちを日本語で表現してください」
という程度の話ならともかく、
こんな複雑な内容の質問を苦手な日本語で
答えさせようという意図がわからない。

記者としての基礎的な常識と素養に欠けているので、
このアホ記者は早くやめた方がいいと思う。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 何のための黙秘権 | トップページ | まず韓国食品の禁輸を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アホ記者のアホ質問:

« 何のための黙秘権 | トップページ | まず韓国食品の禁輸を »