フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 世界が甘やかした特亜 | トップページ | 大使召還・ビザ制限・経済制裁 »

2019年1月10日 (木)

猿との対話は成立するか?


『韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、
ソウルの大統領府で年頭の記者会見を開いた。
韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟判決をめぐって
「日本の政治指導者らが政治的な争点とし、
論争を拡散させているのは賢明な態度ではない」と指摘し、
繰り返し強い反発を示してきた安倍晋三政権の対応を批判した。
日本政府は9日、1965年の日韓請求権協定に基づく協議を韓国に要請した。
だが、文氏は朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に
故意に審理を先送りしようとした疑惑で最高裁への捜査が
続いていることを挙げて「状況を見て判断しなければならない」と述べ、
韓国政府としての対応策を早急に提示する考えがないことを示唆した。(後略)』
(産経ニュース 2019.1.10 12:17)
https://www.sankei.com/smp/world/news/190110/wor1901100028-s1.html

最近の「レーザー照射問題」や「徴用工問題」のニュースを
見ていると、本当にイライラしてくる。

日本政府は韓国政府との対話がまともに成立すると
思っているのだろうか?

「慰安婦合意」や「徴用工問題」を見ても、
彼らは近代的な意味において人類とは呼び難い。

その知能程度は猿や犬と変わらないのだ。

彼らとの対話は日本国にとって大切な時間の
意味なき浪費である。

未だに韓国を友好国などと言っているのは
日本人のふりをした半島人だけだろう。

半島全部が共産主義化したとしても、
現在と大差はない。

今すぐ国交断絶するのが、
日本国がまともな国であることを示す
唯一の道なのだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


« 世界が甘やかした特亜 | トップページ | 大使召還・ビザ制限・経済制裁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

猿はお前だよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猿との対話は成立するか?:

« 世界が甘やかした特亜 | トップページ | 大使召還・ビザ制限・経済制裁 »