フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 猿との対話は成立するか? | トップページ | 日韓議員連盟は売国奴 »

2019年1月11日 (金)

大使召還・ビザ制限・経済制裁

『自民党は11日、外交部会・外交調査会の合同会議を開き、
徴用工訴訟を受けた韓国裁判所の日本企業の資産差し押さえ決定や、
韓国駆逐艦による自衛隊機へのレーダー照射などで
深刻化する日韓関係について議論した。
出席議員からは日本政府に対し、対抗措置として、
駐韓大使の召還や韓国人に対する就労ビザの制限、
何らかの経済制裁などを求める強硬論が相次いだ。
外務省幹部は、会議での意見を河野太郎外相に
伝える考えを示した。(後略)
(JIJI.COM 2019/01/11-12:30)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011100671&g=pol

今ごろ?という感じだが、こんな当たり前のことさえ、
決定にはまだまだ時間がかかるだろう。

事実に基づかず、常識も、論理も通用しない
非人間的な相手に、
いくら証拠を突きつけたって仕方がない。

文在寅は徹底的に反日することで、
自国民が気付かぬうちに
北からの侵略をスムーズに行おうと
しているわけで、
北の首領様は高笑いをしているだろう。

よく南北統一による脅威を語る人がいるが、
どちらも反日なのだから一緒である。

相手国の人間をすべて強制送還して国交断絶。

これが日本にとって理想の結末なのだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 猿との対話は成立するか? | トップページ | 日韓議員連盟は売国奴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大使召還・ビザ制限・経済制裁:

« 猿との対話は成立するか? | トップページ | 日韓議員連盟は売国奴 »