フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 日本ではない国へ | トップページ | 子供への体罰禁止条例 »

2019年2月16日 (土)

情けない日本の外交力

『河野太郎外相は15日、ドイツでのミュンヘン安全保障
会議出席に合わせ、韓国の康京和外相と会談した。
日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた
韓国最高裁判決をめぐり、1965年の日韓請求権協定に
基づく2国間協議に応じるよう重ねて要請。
慰安婦問題に関し、天皇陛下の謝罪を求めた
韓国国会議長の発言にも直接抗議した。
しかし、いずれも康氏は事実上黙殺し、
会談は平行線に終わった。(後略)』
(JIJI.COM 2/15(金) 19:59配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000143-jij-pol

こんな会談なら、やらない方がましだ。

このニュースを外国人が見たら
どう思うだろう?

国際条約を破り、天皇陛下を侮辱されても、
日本は抗議するだけで、
その抗議を韓国側は黙殺する。

やはり日本は韓国に対して
相当な負い目を持っているのだろう。

それほど酷いことを
日本は韓国にしたのだろう、
と思うのではないか。

日本の怒りというようなものは
まったく伝わらないし、それが伝わらない限り、
韓国の異常性は認識されない。

へらへらと、遺憾に思うとか、
抗議するとか言っても何の意味もない。

なぜ有効な制裁を
打たないのか?

制裁できない理由があるなら、
それを国民に説明すべきだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

« 日本ではない国へ | トップページ | 子供への体罰禁止条例 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情けない日本の外交力:

« 日本ではない国へ | トップページ | 子供への体罰禁止条例 »