フォト

おすすめ本

  • 中学歴史不合格
  • 米中新冷戦の正体
  • 日本人のルーツ

« 多様化は衝突を引き起こす | トップページ | 父母の呼称は差別 »

2019年3月18日 (月)

共産自民支援のなんでやねん


『共産党大阪府委員会の柳利昭委員長は18日、府庁で記者会見し、
4月7日投開票の大阪府知事・市長ダブル選への対応について、
自民党が擁立した候補を自主的に支援すると発表した。
松井一郎知事が代表を務め「大阪都構想」の実現を目指す地域政党
「大阪維新の会」に対抗する立場で決定した。』
(JIJI.COM 3/18(月) 17:51配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000092-jij-pol

大阪で起こっていることは、
常人には理解しがたい。

なぜ、あんなに維新が強いのか?
なぜ、自民が共産と共闘できるのか?
そもそも都構想って、何なのか?

まあ、事の発端は、大阪の府と市の仲が極めて悪い、
というところからきているらしいのだが、
それなら府と市の両方の首長を維新で占めた段階で
解決しているような気もするのだが、
それでもうまくいかないのだろうか?

「二重行政の無駄を省く」との主張もあるようだが、
市を解体し、特別区に分割することで生まれる
財政的メリットは、ほとんどないとの試算もある。

ほぼ同程度の予算規模を持つ
府と市が並び立っているのは非効率という
維新の主張には一理あるような気もするのだが、
これまで積み重ねてきた大阪市の機能を解体してしまうのは
失うものが大きすぎるという反対派の主張の方に
より大きな分があるような気がする。

一度解体してしまったら、
大阪市は二度と元には戻らない。

歴史と伝統を持つものを解体するには、
多数を説得する論理と綿密な計画が必要だろう。

それが今の大阪維新からは
あまり聞こえてこないような気がする。

それにしても公安の監視対象となっている
共産党からの支援を自民党が受けるようになっては
世も末である。

たとえ大阪維新に勝てなくとも、
共産党からの支援だけは
丁重にお断りするべきだろう。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング


« 多様化は衝突を引き起こす | トップページ | 父母の呼称は差別 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共産自民支援のなんでやねん:

« 多様化は衝突を引き起こす | トップページ | 父母の呼称は差別 »