フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 桜田大臣もやはり二階派 | トップページ | 津田梅子の手紙 »

2019年4月10日 (水)

悪法も守るべきか?

以前「虎の門ニュース」を見ていて、
NHKの受信料について、確か武田邦彦氏だったと思うが、
「僕はNHKに批判的だけれども、
法律だから受信料は払っています」と話し、
「受信料を払わない」ことを勧める
「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏の活動を
違法行為を推奨していると批判しておられた。

NHKが反日放送を繰り返し、政治家が放送法を改正せず、
公共放送が反日放送を行うという国賊行為を放置している現状で、
国民が大人しく受信料を払い続けることが
はたして正しいのだろうか?

もちろん裁判になれば、
「受信料を払わない」ことは違法行為だから、
罰せられることになる。

しかしながら、裁判のような面倒なことにならず
「受信料を払わない」方法はある。

テレビも、スマホも、NHKを受信する装置を
何も持っていないことにすればいいのである。

日本人は嘘を吐くのが嫌いで、
罪悪感を抱くので、
そんなことをしてまで、と思う方も多いだろう。

しかしながら高い受信料をとり、
法外な報酬を山分けし、許しがたい反日放送を続ける
NHKに対してささやかな嘘で抵抗することに
罪悪感など抱く必要はないと思う。

NHKが反日放送と法外な報酬を
改めればいいだけなのだ。

まあ、そんなことは期待できないから、
政治家は一刻も早く放送法を改正し、
NHKを解体すべきだと思う。

それまでの間、ささやかな抵抗として、
受信料は払わないでおけばいい。

悪法など守る必要はない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 桜田大臣もやはり二階派 | トップページ | 津田梅子の手紙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏
  割と応援しています。
  私も外国人を採用して高い給料を食んでいる反日NHKは個人的に大嫌いだし、テレビも見なくなって久しいし、支払ってません。
  社会的には、法的な問題が大きいですね。

  法令は道具にすぎません。常にメンテナンスされなければなりません。国民を縛り、司法や官僚いよる支配を強化するためのものであってはいけませんもんね。
  正当な手段としては、国会審議を経て放送法が練磨されて、その流れでNHK他の異常な状態が改善されるのがよいのかな、と考えます。国会議員は、マスゴミによるネガキャンの威力が大きいと何も言えません。有権者の投票行動が鍵になります。


>「僕はNHKに批判的だけれども、法律だから受信料は払っています」と話し

  武田さんが、NHKにどう批判的なのか、知りたいところです。立花を批判するより,NHKのどこがどうダメかを視聴者に説明してほしいものです。その方が社会的な意義が大きいですね。
 悪法も法なり、とは古代ギリシアのソクラテスが言ったとされるセリフですが、おかしなことを言ってくれたものです。ソクラテスの哲学よりも、このセリフだけが有名すぎます。
 逃亡してもすぐ捕まるか、逃亡生活では苦労するし哲学できないから、諦めただけじゃないのかと邪推してしまいます。
 このセリフが、悪党どもによってどれほど悪用されたことか。「悪法」なら変えればいいじゃないか、と考えるのが自然なことです。

 変えるためには、法を破るかギリギリのことを常識化しなければなりません。
 もちろん、端から無法なアカや国家転覆のアナーキストは論外です。

ブログ主には私も同感です。受信料の支払いは法律で定義されてると言いますが、前年の最高裁の判決では「支払いに関しては個々の裁判で取り決めをすれば良い」との判決だったと思います。つまり、放送法には支払えとは書いてないのです。受信契約だけすれば良いだけです。それから、話はそれますが、消費税をあげるなら受信料を100円程にすべきだと思います(100円の根拠は無し)でんでん総理よ、見てるかい。

NHKは受信料を払う多くの日本人によって支えられている。そしてNHKはそうした日本人を貶める放送を続けている。これをおかしいと思わない方がおかしい。

裁判の判決の内容事実が知られていないのが問題です。非常にわかりにくいものでしたし、報道されてもいません。

事実、そんな状況につけこんで、nhkは下請けを使って、絨毯爆撃のように法令や判決を知らない無辜の人々の門戸訪問させましたね。下品で威圧的なnhkを名乗る訪問者が、法令や判決を正しく伝えたうえで契約を奨めたでしょうか。訪問販売法や契約法を遵守していたでしょうか。
そうして、nhkは契約数を大きく増やしたのです。

私は契約しません、と突っぱねても、脅し半分に強制してきますし、何度もドアを叩いたりチャイムを連打するそうですよ。お年寄りや病人は怯えますよ。
そんなことを平気でやるnhkです。

電波オークションは「世界の常識」ですが、みなさまのnhkは提案しません。技術的に確立している番組選択による課金システムを導入するわけでもない。
異様に中韓に甘く、事実を歪めてでも持ち上げる恣意的な番組つくりを止めるでもなし。
そんなnhkは圧政者と同じです。日本人の敵である以上に、人類の自由の敵です。法令を周知して、法令を見直して、彼らのちからを削いでしばりつけるべきだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜田大臣もやはり二階派 | トップページ | 津田梅子の手紙 »