フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 新元号は『令和』 | トップページ | Beautiful Harmony »

2019年4月 2日 (火)

元号騒動記

マスコミというのはそんなものなのだろうが、
それにしても元号の候補作を依頼されそうな人を追い回し、
国書由来の元号を否定する言質を引き出し、
あるいは元号の存在自体を否定させ、
万葉集研究の第一人者を「令和」考案者として、
本人の承諾なく名前も顔写真も公表してしまう。


今日のNHKクローズアップ現代+
「『令和』は誰が考案?独自取材!この人では」
は酷い番組だった。


全体として国民が新元号を祝賀の雰囲気で迎える中、
一部メディアと反日野党は何とかして元号を批判したい、
それも国書由来の新元号を馬鹿にしたいという
必死の意図が滲み出ている。


「令月」という言葉が漢籍にあったとして、
それが何だというのだろう。


調べればチャイナの古典にも、日本の古典にも、
「令月」という言葉は何度か登場しているのでは
ないだろうか。


問題はその言葉が、どのような文脈の中で使われたか、
その言葉によって描き出された表現世界にこそ
注目すべきではないか。 


日本の古典の多くに、
チャイナの古典からの言葉が使われていたとしても
だから日本の古典が無価値だということにはならない。


その古典に描かれた表現世界・感性を
現代の国民が理解し、強く結びついている日本にこそ
古典の意味は深く、価値は高いのではないか。


「令和」の時代を作るのは、
現代に生きる日本人なのだ。


それを否定から始めるのか、肯定から始めるのか、
日本人なら決まりきったことだろう。


 


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


 


« 新元号は『令和』 | トップページ | Beautiful Harmony »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新元号は『令和』 | トップページ | Beautiful Harmony »