フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« セメンヤ問題 | トップページ | 株価のバカ騒ぎ »

2019年5月 6日 (月)

鹿せんべいに見向きもせず

『2019年5月5日、環球網は連休で奈良公園の鹿が
鹿せんべいに食べ飽きたようだと伝えた。
記事は、「日本旅行では、奈良公園で鹿に鹿せんべいを
あげるのが人気のイベントとなっているが、
ここ数日の奈良公園の鹿は、普段と少し違うようだ。
観光客があまりに多すぎで、鹿せんべいを食べすぎて、
見向きもしなくなっている。
普段は観光客を追い回して鹿せんべいをねだるのに、
今は観光客が無理やり食べさせようとしても食べない」と伝えた。
記事では、鹿せんべいに食べ飽きた奈良公園の鹿の様子を
撮影した動画も紹介。
鹿の頭や背中に鹿せんべいを乗せている写真などもあり、
「日本は10連休であるのに加え、労働節休暇で中国人観光客も
増えたためだ」と説明している。(後略)』
(Record China 2019年05月06日 13時00分)
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-707724/

鹿が鹿せんべいに見向きもしないのは、
チャイナの観光客からは
もらいたくないからだろう。

鹿せんべいを食べようとしたら引込められたり、
頭や体に鹿せんべいを乗せられるなど、
からかわれ続けたら、
鹿だって人間を信用しなくなる。

世界中から嫌われつつあるチャイナが、
鹿からも相手にされなくなったという話。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« セメンヤ問題 | トップページ | 株価のバカ騒ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セメンヤ問題 | トップページ | 株価のバカ騒ぎ »