フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 川崎通り魔を擁護する人 | トップページ | また不思議な判決 »

2019年5月30日 (木)

子供3人産んでの何が悪い

『桜田義孝前五輪相の「子どもを最低3人くらい
産むようにお願いしたい」とする発言に、
与野党幹部から30日、反発の声が相次いだ。
立憲民主党の蓮舫参院幹事長は記者団に「最低な発言だ。
こんな古い発想を持っている人が大臣だったことが
驚きでしかない。国会議員の恥だ」と述べた。
公明党の斉藤鉄夫幹事長は党中央幹事会で不快感を表明。
「選挙に直結する。与党としておごり、ゆるみを排除し、
参院選勝利に進んでいきたい」と語った。
国民民主党の原口一博国対委員長は記者会見で
「そもそも人権に対する意識が欠如している。
人間の尊厳を保障する国会議員の務めが
全く分かっていない」と非難した。』
(KYODO 5/30(木) 12:12配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000091-kyodonews-pol

少子高齢化に悩む日本において、
子供を産むように呼びかけることの
何が悪いのだろう。

この記事に限ると、
「古い発想」「人権意識」というのが
批判のポイントのようだが、
人間を動物的視点で見ると、
子孫を残すというのは、
最大の使命なのだ。

それを「古い発想」というのは
相当に頭が悪いし、
「人権意識」というのも
子供のできない両親やLGBTのことを
言っているのだろうが、
誰も子供のできない人に
子供を産めと言っているわけではない。

こうした批判は、
「健康のために毎日歩こう」というのを、
「足が悪くて歩けない人に対する人権問題だ」
と言っているのに等しい。

そんなことを言い出したら
何も言えなくなる。

桜田元大臣の問題点は、政治家なのだから、
「子供を産むことを呼びかける」だけではなく、
「子供を産みやすい環境をつくる」ように
努力することだろう。

子供がたくさん欲しくても、
経済力のない夫婦が、
子供を3人も産めるわけがないのだから、
財務省の緊縮財政により
日本を貧しくする政策を
やめさせることが必要なのだ。

子供をたくさん産むのを呼びかけることが
「国会議員の恥」という人は、
日本の子供を減らし、
一刻も早く滅ぼしたいのだろう。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 川崎通り魔を擁護する人 | トップページ | また不思議な判決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もうちょっと、うまい表現をできないのかな、とは思いますが、言わんとするところは間違いではないのでしょう。その環境作りをするのは、あんたたち政治家ですよ、それを忘れるな、と突っ込まれもするでしょうけど。

これを失言と見なして追及する者たちの多くは、「ジミンガー」兼、日本人の人口が増えることを妨害したい者らだと思います。


少子化で日本がヤバイから頑張って子供を増やそうよ、という動きを妨害する意図を感じますね。日本は人口減で成長しない、という「日本はもうダメ論」の中核をなすのが少子化です。さらに「だから移民」という話にもつながります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎通り魔を擁護する人 | トップページ | また不思議な判決 »