フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 裁判官は正気か? | トップページ | 気に入らぬチャイナへの対応 »

2019年6月27日 (木)

NISA申込み急増?

「老後に約2000万円の備えが必要」とした金融庁の報告書を
きっかけに、個人が資産形成へ動き始めている。
ネット証券では20~40代の現役世代を中心に、
運用益が非課税の少額投資非課税制度(NISA)の申し込みが急増。
資産運用を扱うセミナーには募集を大幅に上回る
参加希望者が集まっている。
報告書を機に、個人による「じぶん年金」づくりが
広がりつつある。(後略)』
(日本経済新聞 2019/6/26)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46543460V20C19A6EE9000/

金融庁が火をつけ、日経が煽っている
といったところだろうか?

リーマンショック級が来ると予想され、
やらないと思われていた消費税増税の実施で、
さらに大きなショックが来そうな
このタイミングにである。

もちろん株価は上がったり下がったりするものだし、
経済評論家の意見に従えば、
チャイナショックは既に起こっていなければ
おかしいわけだし、
未来の予想は誰にもできない。

しかしながら、株式投資は始めるタイミングが肝心で、
そこは、よく見極めたい。

「老後に約2000万円の備えが必要」だから、
資産運用で「じぶん年金」づくりをということだが、
それにはリスクが伴うことを
よく理解しておいた方がいいだろう。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 裁判官は正気か? | トップページ | 気に入らぬチャイナへの対応 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判官は正気か? | トップページ | 気に入らぬチャイナへの対応 »