フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 日韓議連がアホ面下げて | トップページ | ディオールは韓国製 »

2019年6月14日 (金)

外貨建て保険苦情殺到

『主に銀行窓口で販売される「外貨建て保険」をめぐり、
契約者からの苦情が平成30年度に前年度比34.6%増の
2543件に上ることが12日、分かった。
生命保険協会が近く公表する。
直近6年間で4.3倍に増え、歯止めが利かない状態だ。
商品開発を担う生命保険業界と販売を受託した
銀行業界の間で責任の所在があいまいになり、
強引な営業活動が抑制されにくいことが背景にありそうだ。
生保協が生保各社に実施したアンケートによると、
30年度に受け付けた外貨建て保険への苦情は
「元本割れの可能性を十分説明しなかった」など
リスク開示が不十分というものが7割を占め、
契約者の年齢は60歳以上のシニア層が大半だ。(後略)』
(SANKEI NEWS 2019.6.13 05:00)
https://www.sankei.com/economy/news/190613/ecn1906130002-n1.html

少し前に「外貨建て保険が好調」という記事を読んで、
これはヤバイことになるんじゃないかと思っていたら、
さっそく苦情殺到のニュースだ。

僕も昔、外貨建て定期預金で痛い目にあったことがある。

当時は、ユーロの通貨統合前で、スペイン・ペセタの定期預金は
9%を超える高金利だった。

スペイン・ペセタの下落は心配だったが、
9%の金利であれば多少の変動があっても
損をすることはないのではないかと思ったのだが、
世の中そんなに甘くなかった。

定期預金に預けてしばらくしたら、
ペセタはジワジワ下がり始め、
気がつけば対円レートで半額になっていた。

その後はほとんど変動せず、
2年くらい預けただろうか、
結局、数十万円の損失だった。

そもそも不安定な通貨だから
金利が高いのだ。

保険にしたところで、
外貨建てであれば
円高に進めば当然目減りする。

銀行が、そのことを説明せずに
販売したとは考えにくいが、
これだけ苦情が殺到するということは
メリットばかりが強調されたのかもしれない。

うまい話には落とし穴がある。

「銀行なんか信じてはいけない」
というのが、この話の教訓だろうか。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 日韓議連がアホ面下げて | トップページ | ディオールは韓国製 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日韓議連がアホ面下げて | トップページ | ディオールは韓国製 »