フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 許されぬ官僚無罪 | トップページ | 丸山氏への異様な糾弾決議 »

2019年6月 5日 (水)

これが嘘なら、まさに犯罪

『“解散”まで粘ってやるといわんばかりに雲隠れを続けるのは、
元維新の会の衆議院議員・丸山穂高氏(35)。
5月11日に北方領土をビザなし交流で訪れた丸山氏の愚行妄言の数々は、
国益を損ねかねないものだった。
ところが、「先週の『週刊新潮』で、泥酔した丸山さんの悪行を読みましたが、
実際はあんなもんじゃなかったですよ」と憤るのは、
同行者の一人である。(中略)
「酩酊状態だった丸山さんはムネオハウスの入り口で
タバコを吸うなどフラフラしていた。
すると、そこに別の訪問先からロシア人家族に送られて帰ってきた
グループが到着したんです。
そのロシア人家族には、5歳くらいの小さな娘さんがいたのですが、
丸山さんは何を思ったか、突然その少女に駆け寄り、
抱きついてキスを繰り返したのです」(後略)』
(デイリー新潮 6/5(水) 5:56配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190605-00563944-shincho-pol

最近の低能週刊誌は、同行者とか何とかボカしておけば、
何を書いてもいいと思っているようで、
この記事はつまり、丸山議員がいやらしい意味で
5歳くらいの少女に抱きついてキスを繰り返した
と言っているわけである。

さすがにこれは名誉棄損で訴えるべき記事だと思うが、
新潮側は取材源の秘匿ということで、
誰が言ったかは絶対に明かさないだろうし、
裁判に勝ったとしても、この事件が忘れ去られたころに、
誰も買わない週刊誌の隅っこに小さな謝罪文が載る程度だ。

週刊新潮や週刊文春は、最近は皇室についても
出鱈目記事を書き散らかしており、
その犯罪性は朝日新聞や毎日新聞に近づいている。

そもそも週刊誌に本当のことが書いてあるなどと
誰も信じてはいないが、
それにしても書いていいことといけないことがある。

この記事はその限度を超えている。

マスコミはどうしても丸山議員を辞職させたいようだが、
それを決めるのは本人であり有権者なのだ。

何度も書くが、
今回の件は維新が除名したことで済んでおり、
それ以上騒ぐような話ではない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 許されぬ官僚無罪 | トップページ | 丸山氏への異様な糾弾決議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 許されぬ官僚無罪 | トップページ | 丸山氏への異様な糾弾決議 »