フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 受信料制度について誤った理解? | トップページ | 津田大介に背負いきれぬ責任 »

2019年7月31日 (水)

米の日韓仲介提案の事実なし

『菅官房長官は31日の記者会見で、
米国による日韓両国への仲介の提案について
「そのような事実はない」と否定した。
菅氏は「米国との間で、我が国の考えを累次、
伝達している。
今後も我が国の立場に対して正しい理解が
得られるよう努めていきたい」と語った。』
(読売新聞 7/31(水) 11:41配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00050106-yom-pol

ロイターのフェイクニュースで
ちょっとした騒ぎになっていた米国による日韓仲介は、
菅官房長官の否定発言で
何ら根拠のないものだということが判明した。

米政府高官という、
誰が発言したかもわからない怪しげな内容だったが、
反日新聞社が追随し、
テレビでも米国がついに仲介に乗り出したと、
まことしやかに語られていた。

また、米国が在日米軍駐留経費の日本側負担を
5倍にするよう要求したとの朝日新聞の報道についても、
菅官房長官は否定している。

嘘の好きな輩が、フェイクニュースを流すことで、
ホワイト国からの韓国除外を何とか混乱させようと
足掻いているのだろう。

本当にここ数日の韓国の動きは、
自分の言うことが通らない餓鬼が周りの迷惑も考えず暴れ、
悪態をついているようで何とも見苦しい限りだが、
日本としては一日も早く人的交流を断ち、
断交に持ち込みたいものだ。

日韓関係のニュースを見ていると、
あまりにレベルが低くて情けなくなる。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 受信料制度について誤った理解? | トップページ | 津田大介に背負いきれぬ責任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 受信料制度について誤った理解? | トップページ | 津田大介に背負いきれぬ責任 »