フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 開票間違いは単なるミスか? | トップページ | 韓国産ヒラメ検査強化 »

2019年7月25日 (木)

日本まで到達可能な弾道ミサイル

『7月25日早朝、北朝鮮が元山付近から日本海に向けて
弾道ミサイルを発射しました。
韓国軍合同参謀本部の発表によると2発が確認され、
水平方向の飛距離は430kmと690km、
最大高度はどちらも50kmと伝えられています。(中略)
つまり韓国軍の発表した水平距離と最大高度の数値が正しい場合、
今回の北朝鮮のミサイルが浅い角度で発射された弾道ミサイル
とするならば、本来の最大射程は日本まで余裕をもって届く
準中距離弾道ミサイルである可能性が出て来ます。
日本への直接的な脅威となる上に、
短距離弾道ミサイルまでなら問題視しない態度を取っていた
アメリカを揺さぶる形になります。(後略)』
(YAHOO!ニュース 7/25(木) 15:53)
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20190725-00135664/

日本でテロの疑いがある放火や火災、
電車事故などが頻発する中で、
北朝鮮が日本に到達可能な弾道ミサイルを
日本海に向けて発射した。

世界が戦争の時代に突入する中で、
日本は露骨な恫喝を受けているのだが、
なぜ日本がこんな目に合うのかというと、
即座に報復できる軍隊を持たないからだ。

日本には何をしても報復されないから、
日本の財産が盗まれ、焼かれ、
人が殺されるのである。

北朝鮮が拉致被害者を返さず、
韓国が日本固有の領土である竹島を実効支配し、
ロシアが北方領土の返還をやめてしまったのも、
日本が軍隊を持たず、独立国とさえ
認められていないからだ。

そんな中、日本では憲法改正の議論にすら入れず、
貧困にあえぐ国民をさらに苦しめる消費税増税を
強行しようとする自民党への批判票は、
「れいわ新選組」と「N国党」に流れるしかない
という体たらくなのだ。

日本はもうダメなのではないか。
次の時代を迎えることができないのではないか。

今の日本には未来の希望が
まったく見えてこない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 開票間違いは単なるミスか? | トップページ | 韓国産ヒラメ検査強化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 開票間違いは単なるミスか? | トップページ | 韓国産ヒラメ検査強化 »