フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 強力な日本への対抗策 | トップページ | 日韓はまともな関係へ »

2019年7月 7日 (日)

慰安婦財団正式解散

『慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に基づき
韓国で設立された「和解・癒やし財団」が登記上、
解散したことが5日分かった。関係者が明らかにした。
解散の申請は6月17日に行われ、今月3日、
完了の通知が財団側にあったという。
日本政府は5日、外交ルートを通して合意履行を
韓国政府に求めた。(後略)』
(SANKEI NEWS 2019.7.5 17:17)
https://www.sankei.com/world/news/190705/wor1907050015-n1.html

国際間の条約も合意も簡単に反故にしてしまう国が、
21世紀にまだ残っていようとは、
不思議を通り越して呆れ果ててしまう。

こんな国に対して、これまで日本は、
通商上様々な優遇措置を与えていたのだから、
これも相当におかしかったと言えるだろう。

安全保障上問題のある行為を
隠れて行っていたことが発覚したのだから、
これから日本は韓国に与えていた優遇措置を
すべて撤廃すべきだ。

貿易に関することだけでなく、
ビザなし入国や特別永住制度の廃止まで行けば
言うことはない。

文在寅には、このまま韓国大統領の地位を死守し、
非常識極まりない行為を続けてもらいたい。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 強力な日本への対抗策 | トップページ | 日韓はまともな関係へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 強力な日本への対抗策 | トップページ | 日韓はまともな関係へ »