フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 京アニ事件直後にNHK取材予定 | トップページ | 京アニ防火対策は適切 »

2019年7月21日 (日)

最悪を回避する選挙

『安倍晋三首相は21日夜、インターネット中継動画サイト
「ニコニコ動画」の番組で、同日投開票の参院選について
「改選議席の過半数を獲得できる見通しとなっているので、
大きな勝利を得た」と述べた。作家の百田尚樹氏に電話で答えた。
首相は「安定した政治基盤の上に国益を守る外交を
進めていけという判断をしていただいたと思っている。
期待に応えていきたい」と語った。』
(産経新聞 7/21(日) 21:44配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000558-san-pol

あんな野党を相手に過半数を獲得して
大勝利はないだろうとは思うが、
増税を公約にして過半数を獲得したことについては
良く負けなかったなとも思う。

結局のところ、増税で日本経済をどん底に叩き込もうとする
自民党には積極的に投票する気にならないが、
悪夢の民主党政権の再現だけは避けなければならないという
日本国民のバランス感覚が生んだ結果だろう。

最悪の事態だけは避けられた。
それが今回の選挙の意味である。

個人的には東京で自民党が2議席を獲得するように
選挙区は武見敬三氏に、
比例区は自民党の中でも期待の大きい
佐藤正久氏に投票した。

佐藤氏は早々と当選を決めたようだが、
武見氏はなかなか当確が出ない。

当選枠が1人増えて6名になった東京で、
2人の候補が当選できなければ、
東京の選対本部長は責任を取った方がいいだろう。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 京アニ事件直後にNHK取材予定 | トップページ | 京アニ防火対策は適切 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京アニ事件直後にNHK取材予定 | トップページ | 京アニ防火対策は適切 »