フォト

おすすめ本

  • 天皇は『元首」である
  • 新国体論
  • 日米開戦陸軍の勝算

« 京アニ放火とNHK | トップページ | 日本まで到達可能な弾道ミサイル »

2019年7月24日 (水)

開票間違いは単なるミスか?

『静岡県富士宮市選挙管理委員会は23日、21日投開票の
参院選比例代表で、自民党の山田太郎氏の票を、れいわ新選組代表の
山本太郎氏の票に誤って計上していたと発表した。
山本氏が1453票、山田氏は0票と結果を出していたが、
山本氏938票、山田氏515票と訂正した。
県選管は、候補者の当落に影響はないとしている。
開票結果を不審に思った市民らから、間違いではないかとの指摘が
電話やメールで相次ぎ、市選管が調査した結果、
計上ミスが分かった。(後略)』
(SANKEI NEWS 2019.7.23 15:13)
https://www.sankei.com/politics/news/190723/plt1907230035-n1.html

富士宮市の開票間違いは、
市民からの多数の電話やメールで
気づいたのだという。

もし山田太郎氏の票数がゼロではなくて、
数十票あったとしたら、
市民は間違いだと思わなかっただろう。

おそらく山田太郎氏に投票した人が、
自分が投票したのにゼロのわけがないと思って、
連絡したのだろうと思う。

この間違いは富士宮市だけだろうか?

比例区の場合、人数が多いので、
類似の名前はたくさんある。

だから、普通なら、類似の名前は
書き出しておくなどして、
チェックを厳しくするはずだ。

そうしたチェックをしてもなお
すり抜けたとしたら、
そこに意図的なものがあったのではと、
疑うのが自然ではないか?

僕は以前の参院選だったと思うが、
「日本のこころ」に投票したところ、
一人の当選者も出なかったことが
不思議で仕方がなかった。

「日本のこころ」は
自民党より右寄りの政党として、
左翼から狙われていた。

選管において、
全体を出鱈目に集計しているとは思わないが、
1~2の候補者に絞って、
票を他に付け替えるというようなことが
組織的に行われてはいないか?

富士宮市の担当者は、
「名前が類似しており思い込みで間違えた。
確認が不十分だった」と話しているそうだが、
それで済む問題だろうか?

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 京アニ放火とNHK | トップページ | 日本まで到達可能な弾道ミサイル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京アニ放火とNHK | トップページ | 日本まで到達可能な弾道ミサイル »