フォト

おすすめ本

  • 中学歴史不合格
  • 米中新冷戦の正体
  • 日本人のルーツ

« 悪いのは愛知県民ではなく… | トップページ | 韓国に対する印象 悪い84.2% »

2019年8月16日 (金)

日本語なまりと愛国心

『(前略)トランプ氏はまた、安倍首相との友情についても言及しつつ、
父親が特攻隊の生き残りだったことを首相から知らされた際、
「特攻隊員は酒を飲むか薬物を摂取して出撃したのか」
と聞いたと明かした。
安倍首相は「いや、彼らは祖国を愛していただけだ」
と答えたとした上で、聴衆に「想像してくれ。
彼らはただ愛国心に支えられ、片道燃料の飛行機で鋼鉄の艦船に
突入したんだ」と訴えたという。(後略)』
(SANKEI NEWS 2019.8.13 12:32)
https://www.sankei.com/world/news/190813/wor1908130010-n1.html

トランプ大統領は、
安倍総理のなまりのある英語をからかう発言をし、
それに続けて上記の特攻隊の話をしたという。

まあ、細かな文脈はわからないが、
日本人のウイークポイントである英語下手をからかいつつ、
日本人の愛国心を称えるのは、
なかなかの話し手と言えるのではないか。

もちろんトランプ大統領が
ただポジティブな意味でこの話をしたかは分からないし、
聴衆がどういう反応をしたかもわからない。

しかしながら僕は、米大統領が、
「想像してくれ。彼らはただ愛国心に支えられ、
片道燃料の飛行機で鋼鉄の艦船に突入したんだ」
と聴衆に語りかけたことに感興を覚える。

米国で日本の特攻隊は狂人として扱われることが多く、
今では日本においてさえ戦争の犠牲者として
語られることが多い。

そんな時代にトランプ大統領は、
特攻隊の行動をただ愛国心に支えられたものとして
聴衆に訴えたのである。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 悪いのは愛知県民ではなく… | トップページ | 韓国に対する印象 悪い84.2% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪いのは愛知県民ではなく… | トップページ | 韓国に対する印象 悪い84.2% »