フォト

おすすめ本

  • 中学歴史不合格
  • 米中新冷戦の正体
  • 日本人のルーツ

« 天皇の写真を燃やす行為は祈り? | トップページ | WTO日本勝訴、韓国認めず »

2019年10月 1日 (火)

「不自由展」開会時の内容で再開

『愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」
で中止となった企画展「表現の不自由展・その後」をめぐり、
芸術祭の実行委員会と不自由展の実行委が30日、
展示再開で合意した。再開する時期は10月6~8日の方向で、
双方が今後協議する。(後略)』
(SANKEI NEWS 2019.9.30 14:01)
https://www.sankei.com/life/news/190930/lif1909300024-n1.html

簡単に中止したと思ったら、
簡単に再開するという。

検証委員会が政治プロパガンダと断じ、
芸術監督の津田大介を厳重注意にした展示を
再開する理由が知りたいものだ。

昭和天皇の御真影を焼く動画については、
事前に知らされておらず、
「極めて遺憾。勝手に持ち込まれた」
と不快感を示していたが、
今度は大村知事が承認したうえでの展示
ということになるわけだ。

文化庁が助成をやめたことで、
愛知県と名古屋市、協賛企業による
芸術祭ということになるだろうか。

関係者の賛同は得られているのか、
ということも気になるが、
こうした芸術展は各地で行われており、
芸術を名目に反日左翼が公金にたかる
利権構造にこそメスを入れるべきだろう。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 天皇の写真を燃やす行為は祈り? | トップページ | WTO日本勝訴、韓国認めず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇の写真を燃やす行為は祈り? | トップページ | WTO日本勝訴、韓国認めず »