フォト

おすすめ本

  • 中学歴史不合格
  • 米中新冷戦の正体
  • 日本人のルーツ

« 竹島も戦争で取り返す | トップページ | 裁判員制度の有名無実化 »

2019年9月 4日 (水)

表現の自由はどこへ

『小学館が2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で
「韓国なんて要らない」などと題する特集を組み、
同誌に連載を持つ作家らから「差別的だ」と批判が噴出した。
同誌編集部は同日「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」
などと謝罪するコメントを発表した。
特集は「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」とうたい、
日韓の国交断絶を想定した上で「GSOMIA破棄なら
半島危機へ」などと予測。
韓国の学会のリポートを基に、韓国人の10人に1人は
治療が必要なほど「憤怒調節」ができないとする記事を
「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」
の見出しで掲載している。』
(KYODO 2019/9/2 20:40 (JST))
https://this.kiji.is/541213713408722017

これは、この程度のことで謝罪する
小学館・週刊ポストがアホ。

この出版社、雑誌編集者には表現の自由
を守ろうという意識はあるのか?

韓国に対するネガティブな特集を組み、
それを「差別だ!」と批判されたくらいで
謝罪するのなら、
最初からそんな特集を組むべきではないし、
言論・出版の世界にいるべきではない。

まあ、流行りの嫌韓特集で
ひと儲けしようという程度の意識しかないから、
批判に対峙する気概もないのだろう。

「怒りを抑えられない『韓国人という病理』にしても、
韓国の学会リポートを紹介しただけだろう。

そんなもの差別でも何でもない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

「黙秘権はなぜ存在するか」
https://ito-okashi-kana.com/right-of-silence/

« 竹島も戦争で取り返す | トップページ | 裁判員制度の有名無実化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹島も戦争で取り返す | トップページ | 裁判員制度の有名無実化 »