フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 国民の命と暮らしを守る政治 | トップページ | あまりに低い国会議員のレベル »

2019年10月17日 (木)

大村秀章に95%がNO!

『愛知県で14日に閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の
企画展「表現の不自由展・その後」では、
昭和天皇の写真をバーナーで焼き、灰を足で踏み付けるような映像作品
などが、公共施設で税金を投入して公開されたことに批判が集まった。
天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が22日に行われるが、
明治天皇の玄孫(やしゃご)で作家の竹田恒泰氏は、
公開を認めた大村秀章知事に「出席しないでいただきたい」
「皇居の濠を渡る資格はない」と発信している。
そこで、夕刊フジは15日午後1時すぎから16日午前6時まで、
公式サイトZAKZAKで緊急アンケートを実施した。
結果は別表の通り。
95%が「大村知事は参列すべきではない」だった。(後略)
(ZAKZAK 2019.10.16)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191016/dom1910160008-n1.html

僕は大村が皇居の濠を渡ることは
ないと思うし、
それは恐らくできないだろう。

日本の象徴たる天皇陛下の御真影を、
バーナーで焼いて、踏みつける映像を
公式に認め、愛知県の公的な芸術展での
展示を許したのだから。

あのような皇室に対する不敬は、
韓国ではよく見られるし、
反天連といった団体が、
デモに持ち出す様子は
僕も何度か見たことがある。

しかしながら、県知事という
公的な立場にあるものが、
皇室に対する不敬を許可した事例を
僕は寡聞にして知らない。

大村は自分が何をやってしまったか
分かっていない。

彼のやったことは
皇居の濠を渡れないといった
レベルの話ではない。

 

「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。

 

« 国民の命と暮らしを守る政治 | トップページ | あまりに低い国会議員のレベル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民の命と暮らしを守る政治 | トップページ | あまりに低い国会議員のレベル »